現在地

ニュース

2021年04月28日

プレスリリース

日本政府、パレスチナの女性支援プロジェクトに約95万米ドルを拠出:脆弱なコミュニティにおけるリプロダクティブ・ヘルスと乳がんに関する支援

日本政府は、ガザ地区およびヨルダン川西岸地区の脆弱なコミュニティにおけるリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)と乳がんに関する緊急人道支援のため、94万7700米ドルの拠出を決定しました。   パレスチナ・ラマッラ 2021年4月28日:日本政府は、国連人口基金(UNFPA)によるパレスチナの女性と少女の保護と乳がん予防や治療等の医療を提供する人道支援プロジェクトに対して、... 続きを読む

2021年04月27日

プレスリリース

【日本政府、ベトナムの社会的に脆弱な人々を支援する新プロジェクトに280万米ドルの拠出を決定】

2021年4月26日 ハノイ:   日本政府は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、社会的に弱い立場に置かれているベトナムの人々を支援するため、約280万米ドルの資金援助を行うことを発表しました。本支援により、ベトナム政府、日本政府、国連人口基金(UNFPA)が連携して取り組む共同プロジェクトが始動します。   ベトナムは、... 続きを読む

2021年04月23日

プレスリリース

【日本政府、ウガンダの難民及びホストコミュニティ支援のため、980万米ドルの支援を決定】

2021年4月20日 カンパラ: 日本政府は、ウガンダの難民とホストコミュニティを支援すると同時に、国境警備の強化を図るため、計約980万米ドルの資金援助を行うことを発表しました。 ウガンダにおける新型コロナウイルス感染拡大の影響の軽減を中心に据えた本支援は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連人口基金(UNFPA)、国連女性機関(UN Women)、国連児童基金(UNICEF)、... 続きを読む

2021年04月23日

プレスリリース

【日本政府、医療資源がひっ迫するジンバブエの妊産婦支援のため、130万米ドルの拠出を決定】

2020年4月22日ハラレ/東京:   新型コロナウイルス感染拡大の影響が深刻化しているジンバブエで妊産婦の命を守るため、日本政府は国連人口基金(UNFPA)を通じて「新型コロナのホットスポットにおける包括的な緊急産科・新生児ケアの強化プロジェクト」に130万米ドルを支援することを決定しました。   度重なる干ばつや慢性的な経済危機など複数の要因が重なり、人道危機に見舞われているジンバブエ。... 続きを読む

2021年04月19日

プレスリリース

【リビアの女性と少女の健康と尊厳を守るため、国連人口基金(UNFPA)と日本政府が協働】

2021年4月6日 リビア・トリポリ: 日本政府は、リビアの最も脆弱で貧しいコミュニティに暮らす女性と少女の健康と尊厳を守る同国の取り組みを支援するため、国連人口基金(UNFPA)に130万米ドルの資金援助を行いました。今年の4月1日に始動した本プロジェクトの主な目的は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、リビアで緊急性が高まっているジェンダーに基づく暴力への対応やリプロダクティブ・... 続きを読む

2021年04月14日

声明文

世界人口白書2021に寄せて - UNFPA事務局長 ナタリア・カネム

UNFPA事務局長ナタリア・カネムは、世界人口白書2021の発表に際し、声明文を発表しました。 ______________________________________________ 声明文 ナタリア・カネム 国連人口基金(UNFPA)事務局長 世界人口白書2021 わたしのからだはわたしのもの 今日この瞬間、世界中のどこかで、  思春期の少女が、女性としての自覚を持ち始めます。... 続きを読む

2021年04月14日

プレスリリース

世界人口白書2021  私のからだは私のもの:からだの自己決定権を求めて

【約半数の女性のからだの自己決定権が侵害されていると国連人口基金が発表】   暴力には、レイプ、強制不妊手術、処女検査、女性器切除(FGM)などが含まれる   2021 年 4 月 14 日 ニューヨーク  国連人口基金(UNFPA)が本日発表した「世界人口白書 2021」は、57 の開発途上国において約半数の女性が、パートナーとの性交渉、避妊薬・具の利用、ヘルスケアの 3... 続きを読む

2021年04月09日

プレスリリース

【日本政府、イラクにおける女性と少女の命を守るサービスを支援するため、60万7,500米ドルの追加拠出を決定】

 2021年4月1日バグダッド・イラク: 日本政府は、国連人口基金(UNFPA)による継続的なリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)サービスの提供と、ジェンダーに基づく暴力の予防と対応を支援するため、60万7,500米ドルの追加拠出を発表しました。   UNFPAは2020年より、日本政府からの130万米ドルの寛大な支援を受け、イラクの4つの州(バグダッド、サラーハッディーン、... 続きを読む

2021年04月07日

プレスリリース

【UNFPAと日本政府によるPROMISESプロジェクト:スリランカの人々のリプロダクティブ・ヘルスサービスへのアクセスを強化するために】

2021年3月29日コロンボ・スリランカ: 国連人口基金(UNFPA)スリランカ事務所と日本政府はこの度、スリランカ保健省のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)に関するサービスを強化するため、支援機材などの引き渡しを行いました。今回供与された医療インフラ関連資機材は、女性と若者のサポートに特化した保健所のサービス向上に役立てられます。   この機材供与は、日本政府の支援(... 続きを読む

2021年03月31日

ニュース

ケニア・キベラスラムの石けんづくりプロジェクト:コロナ禍の経済支援と女性への暴力を防ぐために

ケニアの首都ナイロビにあるアフリカ最大のスラム「キベラ」――。このキベラを構成する13の村のひとつ、ガトウェケラで、4人の娘とともに暮らすシングルマザーのユニス・アジャンボさんは、ジェンダーに基づく暴力の被害者のひとりです。「私は専業主婦で、夫にすべてを頼っていました。お金のことで夫婦間の争いが絶えず、辛い日々を送っていました。暴力に耐えられなくなって、離婚を決意しました」と、... 続きを読む

ページ