出版物

最新リリース

国連人口基金(UNFPA)「世界人口白書2021」発表

私のからだは私のもの:からだの自己決定権を求めて

まとめ
国連人口基金(UNFPA)東京事務所のNEWS ダイジェスト 2021年04月14日号です。
まとめ
国連人口基金(UNFPA)東京事務所のNEWS ダイジェスト 2021年03月31日号です。
まとめ
国連人口基金(UNFPA)東京事務所のNEWS ダイジェスト 2021年03月17日号です。
まとめ
国連人口基金(UNFPA)東京事務所のNEWS ダイジェスト 2021年03月03日号です。
まとめ

国連人口基金(UNFPA)「世界人口白書2020」発表

自分の意に反して:女性や少女を傷つけ平等を奪う有害な慣習に立ち向かう

まとめ

2018年、UNFPAは質の高いデータに基づいて行動計画の目標とビジョンを達成するための戦略的取り組みを開始しました。 私たちは2030年までに、十分でない避妊薬、予防可能な母親の死亡、そして児童婚や女性性器切除などの、ジェンダーに基づく暴力や慣習をゼロにします。この年次報告書ではこれまでの成果と今後のゼロに向けた活動について示しています。

まとめ

「残された課題 :すべての人々の権利と選択を求めて」

2019年4月10日グリニッジ標準時5時01分(日本時間14時01分)世界同時発表

まとめ

望む時に、多い少ないに関わらず、自身が望む数の子どもを持つという選択をした結果、家族の規模が縮小している傾向が世界的に見られている。

性と生殖に関する健康(セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス)を推進する国連機関である国連人口基金(UNFPA)は、2018年10月17日、「世界人口白書2018」を発表した。同報告書によると、生殖に関する選択肢が不足すると、長期に亘って出生率に影響を与え、人々が望むより多く、あるいはより少ない数の子どもを産む結果をもたらすとしている。
 

詳しくはこちら。

まとめ

女の子に生まれると、ジェンダー不平等の中で、命と人権を守ることはとても難しいです。社会的に弱い立場にある女性は、紛争、災害、格差、貧困といった要因によって、さらに人間としての尊厳すら奪われてしまいます。

UNFPAが2030年までに達成すべき目標として掲げている3つのZEROのミッションと、その具体的な活動について、UNFPAの活動により生活が変化した現地の人々の生の声とともに紹介しています。

まとめ

ページ