ニュース

ニュース

25 11月 2018
声明文
報道各位 共同声明   11月25日『女性に対する暴力撤廃の国際デー』に寄せて 国連人口基金等4国連機関が共同声明   11月25日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に向けて、国連人口基金(UNFPA)事務局長、UNDP総裁、ユニセフ(国連児童基金)事務局長、UN Women(国連女性機関)事務局長は以下の共同声明を発表しました。   * * * 11月25日の「... さらに詳しく
12 11月 2018
ニュース
今年2月に日本政府は、ミャンマーのラカイン州における人道・開発支援に対して、総額約22億円の支援を行うことに合意し、UNFPAを含む6つの国連機関の代表とともに調印しました。 その合意に基づきUNFPAは、ラカイン州に帰還した難民・国内避難民の人々に医療サービスを届けるため、ムスリム(イスラム教徒)や少数民族のコミュニティ7村を含む、... さらに詳しく
29 10月 2018
ニュース
  2018年10月25日から26日にかけて、トルコ、アンタルヤ(マックス・ロイヤル・ケメル・リゾート)にて、女性の健康や、関連する様々なタブーや偏見に取り組むためのイベント「Let’s Talk!」が開催されました。このイベントは、女性のエンパワーメントを推進する国連人口基金(UNFPA)と、チャリティのプラットフォーム及びそのための寄付アプリを運営するロンドンの社会的企業、... さらに詳しく
17 10月 2018
ニュース
     選択の力:子どもを、いつ持つか、何人持つか、 産むタイミングや間隔を自ら決められる力が経済社会の発展の原動力となる -    国連人口基金(UNFPA)「世界人口白書2018」を発表 - 「世界人口白書 2018」、 10月17日グリニッジ標準時4時1分(日本時間13時1分)世界同時発表 2018年10月17日ニューヨーク国連本部 望む時に、多い少ないに関わらず、... さらに詳しく
15 10月 2018
ニュース
9月20日10時に、かつしかFMの番組「早く教えてっ!ママレーザー」に、所長の佐藤が出演し、「日本のママがオリジナルなママになる為に!」というテーマで、お話をしました。 番組パーソナリティーの杉野朋子さんと、「ママは周りの目など気にせず、もっとやりたいことをやって、自分を変えていけば、日本の社会も変化していくはず」と、自然体なママを応援するメッセージを送りました。 また、... さらに詳しく
1 10月 2018
ニュース
人権推進の功労者である高齢者を称えよう   現在、9人に1人は60歳以上です。そして2050年には、5人に1人が60歳以上となると予測されています。高齢者は、経済的にもう貢献できず、社会にとって負担であると考えられることが多々ありますが、現実は全くそうではありません。高齢者は、いかなる場所においても、家族、地域そして社会において非常に重要な役割を担っているのです。  ... さらに詳しく
30 8月 2018
ニュース
第2回目は、関西学院大学と共同で開催し、バングラデシュ事務所代表代行として、世界最大の人道危機と言われる2017年からのロヒンギャ難民大量流入への国連とNGOの共同対応計画の一環としてUNFPAによる緊急支援を現場で牽引した加藤伊織が「ロヒンギャ危機対応の最前線~女性の命・尊厳を守る~」と題して話しました。 世界最大の難民キャンプとなったバングラデシュのコックスバザールでは、... さらに詳しく
12 8月 2018
ニュース
若者をセンターにおく 私たちが望むのは、持続可能な開発目標(SDGs)を達成すること、「誰一人取り残さない」という誓いを守ること、そして恒久の平和構築です。だからこそ、私たちの総力をあげた活動の対象の中心に若者がいるのです。この道のりを共に歩むアクティブなパートナーである若者を、両手でむかえましょう。 この野心的な持続可能な開発目標の何一つとして、若者たちの有意義な参加なくして達成されません。... さらに詳しく
2 8月 2018
ニュース
東京事務所長の佐藤は、国連機関駐日事務所(UNU, FAO,ILO, IOM, UNICEF, UNDP, UNHCR, WFP, UN Women)の代表と共に堀井巌外務大臣政務官を合同表敬しました。 佐藤は、格差が広がり、保守的な慣習・価値観を維持しようとする勢力が台頭する世界において、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツを推進していくことが難しいことを述べ、... さらに詳しく
11 7月 2018
声明文
  人権としての家族計画 世界人口デーによせて ナタリア・カネム 国連人口基金事務局長 2018年7月11日   ***   50年前の1968年5月13日、テヘランで開催された「国際人権会議(International Conference on Human Rights)」において、世界は「親は自分たちの子どもの人数と生む間隔を自由に責任をもって選ぶ基本的人権を持つ」ことを宣言しました... さらに詳しく

Pages