ニュース

ニュース

2021年06月15日

ニュース
国連人口基金(UNFPA) 東京事務所では以下の要領でインターンを募集しています。 7月12日(月)が応募締め切りですので、ぜひご応募ください。 応募資格 大学4年生または大学院在籍中、もしくは大学院・大学卒業後1年以内であること 2~6カ月間、週2〜4日対応可能なこと 広報、イベント企画・運営、渉外に関わった経験があること  国際協力、人道支援、開発分野における知識や経験があること。... さらに詳しく

2021年06月07日

プレスリリース
UNFPAインドネシア事務所代表のアンジャリ・セン(左)と在インドネシア日本大使館の金杉憲治大使 2021年6月4日 ジャカルタ:日本政府は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により大きな影響を受けているインドネシアの女性や脆弱な人々を保護し、尊厳を守るため、国連人口基金(UNFPA)に286万3,636米ドルの拠出を行うこととなりました。   長引くパンデミックに加え、... さらに詳しく

2021年05月28日

ニュース
2021年5月12日、「国際人口問題議員懇談会(JPFP)勉強会『新型コロナウイルス感染症の少子化に対する影響』」が開催されました。   今回は、JPFP主催、「SDGs(持続可能な開発目標)—人間の安全保障・人口アライアンス」※1共催で行われれた2回目の勉強会でしたが、緊急事態宣言下での開催ということで、オンライン/オフラインのハイブリッド形式で実施し、合わせて約50名が参加しました。  ... さらに詳しく

2021年05月17日

プレスリリース
国連人口基金(UNFPA)は、持続可能な開発目標(SDGs)、とりわけ目標3「すべての人の健康と福祉」と目標5「ジェンダー平等の実現」の達成に向け、大手広告会社のADKホールディングス(ADK)とパートナーシップ契約を締結しました。   ADKとのパートナーシップは、すべての人がリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)にアクセスでき、ジェンダー平等を推進し、... さらに詳しく

2021年05月08日

ニュース
ブルキナファソ:   2020年3月より、国連人口基金(UNFPA)ブルキナファソ事務所は、日本の国際協力NGOジョイセフ、ブルキナファソ家庭福祉協会(ABBEF)、シカ・カボレ ブルキナファソ大統領夫人が代表を務めるKIMI財団と連携し、「若者の性と生殖に関する健康・権利の強化支援プロジェクト」を実施しています。   UNFPAが推進する、性と生殖に関する分野における、... さらに詳しく

2021年05月05日

声明文
データに基づいて助産師に投資を   毎日、世界中の至るところで、助産師は妊産婦と生まれた子の命を救い、コミュニティ全体の健康とウェルビーイングを推進しています。 助産師の仕事は、私たちの敬意と感謝に値するものの、それだけでは十分ではありません。 助産師の働きに対する更なる投資や、彼らをエンパワーする職場環境、また彼らの技術と貢献に対する十分な理解が必要です。 この「国際助産師の日」... さらに詳しく

2021年04月27日

プレスリリース
2021年4月26日 ハノイ:   日本政府は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、社会的に弱い立場に置かれているベトナムの人々を支援するため、約280万米ドルの資金援助を行うことを発表しました。本支援により、ベトナム政府、日本政府、国連人口基金(UNFPA)が連携して取り組む共同プロジェクトが始動します。   ベトナムは、... さらに詳しく

2021年04月23日

プレスリリース
2021年4月20日 カンパラ: 日本政府は、ウガンダの難民とホストコミュニティを支援すると同時に、国境警備の強化を図るため、計約980万米ドルの資金援助を行うことを発表しました。 ウガンダにおける新型コロナウイルス感染拡大の影響の軽減を中心に据えた本支援は、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連人口基金(UNFPA)、国連女性機関(UN Women)、国連児童基金(UNICEF)、... さらに詳しく

2021年04月23日

プレスリリース
2020年4月22日ハラレ/東京:   新型コロナウイルス感染拡大の影響が深刻化しているジンバブエで妊産婦の命を守るため、日本政府は国連人口基金(UNFPA)を通じて「新型コロナのホットスポットにおける包括的な緊急産科・新生児ケアの強化プロジェクト」に130万米ドルを支援することを決定しました。   度重なる干ばつや慢性的な経済危機など複数の要因が重なり、人道危機に見舞われているジンバブエ。... さらに詳しく

2021年04月19日

プレスリリース
2021年4月6日 リビア・トリポリ: 日本政府は、リビアの最も脆弱で貧しいコミュニティに暮らす女性と少女の健康と尊厳を守る同国の取り組みを支援するため、国連人口基金(UNFPA)に130万米ドルの資金援助を行いました。今年の4月1日に始動した本プロジェクトの主な目的は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、リビアで緊急性が高まっているジェンダーに基づく暴力への対応やリプロダクティブ・... さらに詳しく

ページ