現在地

ニュース

2022年06月10日

ニュース
ケニアのトゥルカナ郡で正式に開始された「Hope Beyond Covid-19(COVID-19を乗り越えた先の希望)」プロジェクトは、パンデミックの影響を最も受けたコミュニティで性と生殖に関する健康(SRH)とジェンダーに基づく暴力(GBV)に関するサ

日本政府、UNFPAケニアのCOVID-19復興プロジェクトを支援

人道危機下における、命を救うリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)サービスの提供は、国連人口基金(UNFPA)の人道的・緊急対応の中枢を担っています。UNFPAケニア事務所は、日本政府から約60万米ドルの資金提供を受け、COVID-19の感染拡大で最も甚大な被害を受けたコミュニティの回復力を高めることを目的とした「Hope Beyond Covid-19(COVID-... 続きを読む

2022年06月10日

ニュース
 左から黄川田仁志JPFP事務総長、上川陽子JPFP会長、佐藤摩利子 UNFPA駐日事務所長、石井澄江JOICFP

UNFPA、SDGs・人間の安全保障・人口問題アライアンスとして要望書を提出

UNFPA、SDGs・人間の安全保障・人口問題アライアンスとして要望書を提出

2022年06月08日

ニュース
UNFPAの支援を受けたバングラデシュのLGBTQIA+の人々@UNFPA Bangladesh

プライド月間(Pride Month) ー LGBTQIA+の尊厳と権利の平等を求めてー

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア、インターセックス、アセクシュアルの人々(LGBTQIA+)の権利は、1948年の世界人権宣言で「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である」と宣言されたのにも関わらず、私たちはこの問題に取り組むことを後回しにしてきました。世界保健機関(WHO)によって、... 続きを読む

2022年05月28日

ニュース
UNFPAの月経に関する健康と衛生プロジェクトによって支援を受けた少女たち。@UNFPA India

5月28日 月経衛生デー

一部の人にとっては、月経は不便ではあるものの、あまり気に留めないものでしょう。しかし、何百万人もの人々にとって、この最も自然な生殖周期の機能は、虐待、スティグマ、機会損失や尊厳の侵害に繋がることがあります。月経の始まりは、少女がまだ幼くとも、結婚や出産の準備ができたことを意味します。一部の地域では、月経が始まると月経小屋に追いやられたり、家族と食事を共にすることも拒否されます。また、... 続きを読む

2022年05月24日

ニュース
地元の医療スタッフによる妊婦への出産前ケア支援

日本政府、紛争下のミャンマーの女性・少女たちへのリプロダクティブ・ヘルスサービス提供を支援

ミャンマーでは、2021年2月に起きた軍によるクーデターやコロナウイルスの影響で、女性や少女たちを取り巻く環境は一層悪化しています。2022年度の人道ニーズ概要によると、ミャンマーの総人口約5400万人のうち、4分の1にあたるおよそ1440万人が緊急人道支援を必要とすると予測されており、未曽有の困難にまさに今直面しています。このような状況の中、女性の出産を取り巻くリプロダクティブ・ヘルス(... 続きを読む

2022年05月23日

ニュース
UNFPAの支援を受ける医療機関で産科フィスチュラの治療を受けたベアトリス・セバスティアンさん。 © UNFPA Mozambique

5月23日 産科フィスチュラ撲滅国際デー

私たちは自分が知らないことについて無視しがちです。産科フィスチュラ(産科ろう孔)も、人々に知られていないものの一つです。産科フィスチュラは、妊産婦にとっては出産時に発生する破壊的な損傷であり、胎児にとって致命的(死産に至るケースが90%)です。しかし、勇気づけられる事実として、産科フィスチュラは治療可能なだけでなく予防も可能であることが挙げられます。 産科フィスチュラは、女性が長時間に渡る遷延・... 続きを読む

2022年05月17日

プレスリリース
2 Hours to Life Press Release

UNFPAが武田薬品工業と共に 「2 Hours to Life(命を救うまでの2時間)」 プロジェクトを創設し 、ベナン、トーゴ、コートジボワールで母子救命サービスを開始

プレスリリース   UNFPAが武田薬品工業と共に 「2 Hours to Life(命を救うまでの2時間)」 プロジェクトを創設し 、ベナン、トーゴ、コートジボワールで母子救命サービスを開始   2022年5月16日ーニューヨーク/2022年5月17日ー東京   性と生殖に関する健康を推進する国連機関であるUNFPAは、武田薬品工業株式会社(以下、武田薬品工業)と共に、ベナン、コートジボワール... 続きを読む

2022年05月09日

ニュース
プノンペンで行われたプロジェクト開始式にて。左よりUNFPAカンボジア代表ムリロ・ゴールデン、カンボジア計画省政務官、カンボジア教育・青年・スポーツ省政務官,、カンボジア女性省大臣、在カンボジア日本国大使館・狩俣篤志公使、カンボジア保健省政務官、UNFPA

カンボジア:日本政府、UNFPAを通じてコロナ渦における強靭な保健システム構築に117万5,000米ドルを提供

2022年5月9日 東京/プノンペン カンボジア:日本政府、UNFPAを通じてコロナ渦における強靭な保健システム構築に117万5,000米ドルを提供   日本政府は、令和三年度補正予算から国連人口基金(UNFPA)を通して、アジア太平洋、中東、東南部アフリカ、西・中央アフリカの4地域13か国へ925万9141米ドルの支援を決定しました。このうち約117万米ドルは、... 続きを読む

2022年05月05日

声明文
5月5日「国際助産師の日」に寄せて―UNFPA事務局長ナタリア・カネム

5月5日「国際助産師の日」に寄せて―UNFPA事務局長ナタリア・カネム

世界の医療制度をより良いものにするためには、助産師への投資が必要   バングラデシュの難民キャンプがモンスーンの大雨で浸水したとき、助産師のシャキラ・パーヴィンさんは膝まで水に浸かりながら、病院に搬送される前に双子を出産した高血圧の母親を助け、状態を安定させました。モルドバでは、助産師たちは率先して、ウクライナから逃れてきた妊産婦を慰め、命を救うサービスを提供しました。助産師たちはまた、... 続きを読む

2022年04月19日

ニュース

ウクライナと近隣諸国の女性と少女に迅速な支援を

2022年4月19日、ニューヨーク ― ロシアによるウクライナへの侵攻から約2か月、この戦争は恐怖、苦痛、破壊、そして避難生活を引き起こし続けており、女性と少女はより負荷を強いられています。避難を余儀なくされている1,200万人の大半は、女性と子どもです。   「ウクライナでの戦争の影響を受けて、健康と安全に対する絶え間ない脅威に直面している女性と少女たちのニーズは、最優先されなければなりません... 続きを読む

ページ