出版物

最新リリース

Underlining the centrality of reproductive health to the Millennium Development Goals (MDGs) was a priority throughout 2003. These goals are inseparable from the ICPD Programme of Action, which has been UNFPA's blueprint for development since 1994. The links are now widely recognized. The ICPD goal of universal access to reproductive health services is of fundamental importance to poverty reduction, and progress in population and reproductive health is absolutely indispensable in achieving at least four of the MDGs: promoting gender equality and empowering women, reducing child mortality, improving maternal health, and combating HIV/AIDS. 

まとめ

State of the World Population (2003) Making 1 Billion Count: Investing in Adolescents' Health and Rights

12億人―世界人口の5人に1人―は10~19才であり、現在、思春期の若者世代は、史上最大規模になっています。その内、約半数は貧困層であり、4人に1人は極度の貧困状態にあり、1日1ドル以下の生活を強いられています。本書は、家族サポート体制の弱体化、グローバル化や都市化を含む、社会規範やライフスタイルが変容する中での若者の状況が考察されています。
 

まとめ

In this annual report, we draw attention to the many different ways in which UNFPA is working to reduce poverty by meeting reproductive health needs in developing countries, especially among the poorest and most vulnerable. 

まとめ

People, Poverty and Possibilities

開発を加速させ、国内および国家間の不平等を削減するために、貧困と真正面から闘うことは、人権の問題として、世界的な喫緊の優先課題となっています。世界の指導者たちは、国連のミレニアム開発目標(MDGs)を含む様々な新しいイニシアティブに合意しています。本書は、議論の基礎資料となり、行動の手引きの役割を果たし、貧困とジェンダー、貧困と健康、貧困と教育と言った課題に焦点を当てながら、2015年までに貧困人口を半減させる目標を達成するためのすべきことを提唱しています。

まとめ

Working with both women and men, we continued the effort during 2001 to eliminate violence against women and the discrimination that limits the potential of individuals and nations. Our role in human development, mandated by the United Nations and globally endorsed at the ICPD, is to improve the reproductive health of women, men and young people in the poorest countries?and in so doing, to bring about a more equitable world.

 

まとめ

Footprints and Milestones: Population and Environmental Change

今日、人類の足跡はどこでも見られます。人間の活動は、どのような遠隔地であれ地球の隅々にまで影響を及ぼし、また生態系は一番単純なものから最も複雑なものまですべてがその影響を受けています。われわれの選択と介入は自然界を変容させ、文明の質とその持続、また自然の複雑なバランスに対して大きな可能性と極度の危険の双方をもたらしています。本書は、環境条件、人口の動向、開発途上国における貧困削減の見通しの間の密接なつながりを検討しています。また、女性のエンパワーメントやリプロダクティブ・ヘルス/ライツの確保は、人口と開発のニーズと環境確保とのバランスを達成するために不可欠であると解説しています。

まとめ

In 2000, UNFPA continued to support countries in the development of population and development strategies, and data collection, analysis and policy formulation. A top priority in 2000 was the development of a new global strategy for reproductive health commodity security. 

まとめ

Lives Together, Worlds Apart: Men and Women in a Time of Change

男女間の不平等は、個人、家族、地域社会、そして国家の潜在的な能力を制約しており、ジェンダー(社会的・文化的性差別)による差別を撤廃することは、人権および開発にとって、緊急の優先課題です。本書は、ジェンダーに基づく不平等を正面から取り上げ、人権および開発に関する優先事項の双方に影響を与える危急の問題として検討しています。性差別にまつわる本質的な矛盾に対して関係者のすべてが目を向け、国、社会、家族がこれに終止符を打つために行動を起こさない限り、その問題はなくなることはないのです。

まとめ

1999 was a momentous year for UNFPA. The "ICPD+5" review, our 30th anniversary, and the birth of the 6 billionth person provided us with unique opportunities to look at where we have been and where we are going in our quest to help people make informed, responsible and free choices regarding their sexual and reproductive health. 

まとめ

6 Billion: A Time for Choices

世界人口は1960年以降倍増し、1999年に60億人に達します。人口増加のほとんどは、世界で最も貧しく、それに対する備えのできていない国々で起こっています。本書は、人口増加の鈍化が今後も続いていくか、それと共に人々のウェル・ビーイング(福利)が向上するのか、それともストレスがさらに増すのかは、今後10年間の決断と行動-特に、教育の機会を拡大し、ジェンダーの平等を推進し、リプロダクティブ・ヘルスを含む健康を享受する権利を誰でも行使できるようにするための行動-にかかっていると解説しています。

まとめ

ページ