現在地

最新リリース

世界人口白書1997

世界人口レポート

The Right to Choose: Reproductive Rights and Reproductive Health

リプロダクティブ・ヘルスケアが不備であったり、体制が整わないために、一般的な女性に対する差別や暴力と相まって、広範な人権侵害が生じています。妊娠や出産に関して自由に決定する権利を含めたセクシュアル・ライツおよびリプロダクティブ・ライツが保障されていないために、毎年何百万人もの命が失われ、それ以上の人々が疾病や障害に苦しんでいます。このような被害を受けている人のほとんどが女性であり、それも大部分が開発途上国の女性です。本書は、セクシュアル・ライツおよびリプロダクティブ・ライツとは何かを定義している国際的な合意事項の概要を述べ、これらの権利を確保し擁護していくうえでの進展と問題点を明らかにし、さらにこれらの権利が否定された場合、何百万人もの男女にどのような影響が及ぶのかを検討しています。

まとめ

世界人口白書1996

出版物

Changing Places: Population, Development and the Urban Future

世界各地で都市化がますます進んでいるなか、都市人口増加の多くは、最貧国で生じており、この新しい都市人口の多くが、世界でも最も貧しい人たちになると見られます。本書は、リプロダクティブ・ヘルスを含めた保健、教育および女性の自立と平等を推進する事業に財源を投入することが、都市貧困の撲滅の基盤となると指摘しています。

まとめ

世界人口白書1995

世界人口レポート

女性のエンパワーメント(女性の能力強化)、リプロダクティブ・ヘルス、そして家族計 画は、お互いに密接に関連したものであり、そのいずれもが、国際社会にとって重要な課題です。カイロで開催された国際人口開発会議(ICPD) において到達した画期的な合意 事項のなかでも、これらの概念は中心に置かれ、その重要性は、コペンハーゲンで行われた社会開発サミットでも、繰り返し言及されました。今年の「世界人口白書」は、これらに関連したすべてのテー マに焦点を当てています。 

まとめ

世界人口白書1994

世界人口レポート

本書は、女性のエンパワーメントこそが人口問題解決へのカギとなると強調しています。また、男女双方がヘルス・ケア、家族計画サービス、教育を自由かつ平等に受けられることは、「それ自体望ましいだけでなく、環境保護と経済開発を含む現実的な貢献となる」と解説しています。特に、女性が妊娠・出産をコントロールする手段を手にしつつあることは、女性の健康を向上させ、教育・結婚・雇用・住宅・移動に関する選択を広げることになり、そしてそれはバランスのとれた人口増加の達成を促すということを強調しています。

 

まとめ

ページ