出版物

最新リリース

The UNFPA Annual Report 2007 highlights UNFPA's support to 159 developing and transition countries and territories in their efforts to empower women and men to make the choices necessary to better their lives, improve... 

まとめ

Unleashing the Potential of Urban Growth

2008年、人類史上初めて、世界人口の半分以上にあたる33億人が、都市部で生活することになります。2030年までには、この人数がさらに約50億人にまで膨れ上がると見込まれています。新たに都市に住む人たちの多くは貧困層となるでしょう。都市居住者の未来、開発途上国の都市の未来、人類そのものの未来はすべて、ひとえにこの都市人口の増加に備え、今どのような決断を下すかにかかっています。本白書では、迫りくる開発途上国の都市人口の倍増がもたらす影響を把握し、この大規模な増加に備えて取るべき行動を検討しています。

まとめ

The UNFPA Annual Report 2006 highlights UNFPA’s efforts throughout the year.

まとめ

A Passage to Hope: Women and International Migration

今日、世界的にみて国際的な移住者のほぼ半分は女性で、その数は9500万人に 上ります。しかし、貧困削減や混迷する経済に対する大きな貢献にもかかわらず、女性移住者が果たす役割の重要性を国際社会が理解し始めたのは、ごく最近のことです。また政策立案者も、困難を承知で新しい土地に移り住もうとする女性が直面する女性特有の課題やリスクを、ようやく最近になって認識するようになってきました。 本書は、女性移住者の課題を把握し、彼女たちが自分の実家やコミュニティーに送金している資金の影響や人身売買、搾取、虐待への脆弱性を検討しています。

まとめ

The UNFPA Annual Report 2005 showcases efforts by Fund to improve reproductive health, ensure safe motherhood, address population issues, prevent HIV and help people in crises. 

まとめ

The Promise of Equality: Gender Equity, Reproductive Health and the Millennium Development Goals

貧困からの解放と平等という約束を実現するのに、世界はかつてない好機を迎えています。今後10年の間に、最貧困層から何億人もの人々が解放される可能性があります。3000万人の子どもと200万人の母親の生命を救うことができます。さらに、HIV/エイズの蔓延を食い止めて後退させることが可能です。何百万人の青少年が自分たちの国の開発に今以上に大きな役割を果たし、ひいては自分たちと後世のために世界をよりよくすることができます。本書は、この約束を実現するには、ジェンダーの平等とリプロダクティブ・ヘルスが不可欠であることを提唱しています。

まとめ

This overview of UNFPAs work in 2004 focuses on efforts to improve reproductive health, ensure safe motherhood, address population issues, prevent HIV and help people in crises. It includes examples of UNFPA's work in every region, facts and figures on the kinds of projects we support, and details about where the funding comes from and how it is spent.

 

まとめ

The Cairo Consensus at Ten: Population, Reproductive Health and The Global Effort to End Poverty

1994年にカイロで行われた国際人口開発会議(ICPD)から10年目、20ヵ年計画である「行動計画(ICPD PoA)」の中間地点にあたる2004年度の世界人口白書は、これまでの10年間の進捗を確認するとともに、今後10年間の課題を検討しています。本書では、リプロダクティブ・ヘルスに関する医療の質の向上およびアクセス強化、女性の権利の推進、妊産婦・乳幼児の健康の改善、HIV予防強化に関連し、カイロ行動計画実施における各国の進展および問題点について検証しています。また、過去十年の成果を維持しさらなる進歩を遂げるには、各国政府の政治的関与を推進し、国際社会の資金提供を増加させることが不可欠であると述べています。

まとめ

Underlining the centrality of reproductive health to the Millennium Development Goals (MDGs) was a priority throughout 2003. These goals are inseparable from the ICPD Programme of Action, which has been UNFPA's blueprint for development since 1994. The links are now widely recognized. The ICPD goal of universal access to reproductive health services is of fundamental importance to poverty reduction, and progress in population and reproductive health is absolutely indispensable in achieving at least four of the MDGs: promoting gender equality and empowering women, reducing child mortality, improving maternal health, and combating HIV/AIDS. 

まとめ

State of the World Population (2003) Making 1 Billion Count: Investing in Adolescents' Health and Rights

12億人―世界人口の5人に1人―は10~19才であり、現在、思春期の若者世代は、史上最大規模になっています。その内、約半数は貧困層であり、4人に1人は極度の貧困状態にあり、1日1ドル以下の生活を強いられています。本書は、家族サポート体制の弱体化、グローバル化や都市化を含む、社会規範やライフスタイルが変容する中での若者の状況が考察されています。
 

まとめ

Pages