上智大学特別シンポジウム「コロナ禍と国連」※このイベントは終了しました

2020年07月04日

Zoom

※このイベントは終了しました

 

新型コロナウイルスは単に個人の健康への影響だけでなく、国家間の関係や人の国際移動、開発支援、国際保健衛生のあり方などに深刻な影響を与えています。国際協調とマルチラテラリズムを基調とする国連は、どのようにこの状況に対処していったら良いのでしょうか。

 

7月4日15:00より、上智大学主催でオンライン・シンポジウムが開催されます。

UNDPの近藤哲夫駐日代表とともに、UNFPA東京事務所長の佐藤摩利子が登壇し、国連の最新報告も踏まえて議論します。

 

ぜひ、ご参加ください。

 

------------------------------

 

■タイトル:上智大学特別シンポジウム「コロナ禍と国連」

■日時: 7月4日(土)15:00~16:30

 ※オンライン開催(Zoom)

■対象:上智大学学生、高校生、一般

■言語:日本語

■参加費:無料

■要事前登録:こちらからお申込みください。

 ※申込締切202073日(金)1200

■お問合せ先:上智大学 国際協力人材育成センター E-mail : hrc-ic-co@sophia.ac.jp

 

■プログラム

<開会挨拶> 曄道佳明 上智大学学長

<モデレーター> 杉村美紀 上智大学グローバル化推進担当副学長

<パネリスト>

植木安弘 上智大学グローバル・スタディーズ研究科教授

東大作 上智大学グローバル教育センター教授

近藤哲夫 国連開発計画(UNDP)駐日代表

佐藤摩利子 国連人口基金(UNFPA)東京事務所 所長

 

------------------------------