出版物

最新リリース

世界人口白書2013 (SWOP 2013)

State of the World Population (2013)- Motherhood in Childhood Facing the challenge of adolescent pregnancy

開発途上国では、毎年730万人もの18歳未満の少女が出産しており、10件中9件は結婚かそれに準じる関係のなかで起こっています。そのうち、年に7万人が妊娠や出産に関連することが原因で命を落としているのです。本書は、思春期の少女の健康、教育、生産性に対する大きな損失を避けるには、妊娠の予防を含むリプロダクティブ・ヘルス/ライツを尊重し、若者と少女を保護するための投資や自発的な家族計画の必要性を訴えています。

まとめ

The Maternal Health Thematic Fund

The Maternal Health Thematic Fund

まとめ

This annual report describes progress made towards the achievement of programming objectives globally and in each region in 2012. 

まとめ
世界人口白書2012 (SWOP 2012)

State of the World Population (2012)- By Choice, Not by Chance: Family Planning, Human Rights, and Development

1994年以降、セクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)および家族計画の推進の指針が一層重要視されてきています。本書は、ジェンダーの平等の促進、質の高い教育の振興、貧困の軽減などの国際社会の目標の中心にある家族計画をテーマに、女性、男性、青少年すべてに、自分自身の人生の最も基本的な決定をする個人としての権利を保護し、すべての人が自発的な家族計画を実行する手段を手にするよういかに努力をすべきかを呈示します。

 

まとめ

The Maternal Health Thematic Fund

The Maternal Health Thematic Fund

まとめ

このレポートは、UNFPAの協力のもと、イギリスのサセックス大学が2009年からインド、ケニア、ウガンダの市民社会グループと連携して行ったThe Mobilising Men Initiativeという活動の報告です。

 

まとめ

国連人口基金の活動、日本の政府関係機関・政策決定者・市民社会との協力や、日本政府からの国連人口基金への支援を紹介しています。

まとめ

UNFPA's Annual Report 2011 provides an overview of achievements last year in linking population dynamics and development, increasing access to maternal and newborn health, increasing availability of family planning,... 

まとめ

女性は、家族と地域社会において、欠かせない存在です。非常事態には、そうした女性たちの役割は、より重要なものとなります。しかし、女性特有の強さと弱さは、緊急人道支援の際のあわただしさの中では見落とされがちです。 本書では、女性のニーズが全ての人道支援計画に盛り込まれることを保障するために、国連人口基金(UNFPA)がパートナーと行っている活動についての説明と、緊急時に忘れられがちなリプロダクティブ・ヘルスについて扱っています。

まとめ
世界人口白書2011 (SWOP 2011)

State of the World Population (2011)- People and possibilities in a world of 7 billion

2011年10月31日、この日地球上には70億の人々が住むことになります。本書は、人口70 億の世界を特徴づける動向―ダイナミックな動き―について概観します。また、異なる国々や多様な状況の中で暮らす人々が、人口70 億の世界を最大限に活用しようと、それぞれの地域社会でどのようなことをしているかについても呈示します。

まとめ

Pages