出版物

最新リリース

社会から取り残され、忘れ去られてしまった弱者にとって、いつ、何人の子どもを産むかを決めるという基本的人権を保障することは、今まで以上に重要となってきています。国連人口基金(UNFPA)は、多くの女性がその権利を行使するための支援をしてきました。その結果、世界における避妊薬・具の普及率を1970年の36%から、2016年には64%までおよそ二倍にまで増加することができました。この年次報告書では、UNFPAに託された基金が、どのように多くの女性や若者の健康と権利を守り、自分たちの可能性を最大限発揮することに貢献できたかを示しています。

まとめ

少女が10歳になると、その世界は変わります。人生を変えるようなことが相次いで起こり、いろいろな方向に引っ張られます。最終的にどのような人生を送ることになるかは、彼女がどんな支援を受けられるか、また自分の将来を築くのに必要な能力をどれほど身につけているかに左右されます。

まとめ

持続可能な開発目標(SDGs)の達成のためには、女性や若者の性と生殖に関する健康・権利を守り、若者が健康で教育を受けることができ、自分たちの可能性を最大限発揮できるサービスや機会を享受できることが不可欠です。2015年度年次報告書は、世界中でUNFPA がどのような活動を行っているかを示しています。

まとめ

現在、人道的援助を必要とする人々は1 億人以上います。

これは第2次世界大戦以降の最大の数値です。紛争により避難を余儀なくされたり、災害のために住処を追われた人々のなかには、女性や思春期の少女が何百万人もいます。本書では彼女たちのニーズを充たし、権利を保障するための行動を呼びかけています。

まとめ

国際高齢者デーである10月1日、国連人口基金(UNFPA)およびヘルプエイジ・インターナショナルによって発表された報告書、「21世紀の高齢化:祝福すべき成果と直面する課題」では、高齢者の人口が、他の年齢層に比べて急速に増加していると記されています。

まとめ

※国連人口部は1999年に世界人口が60億人に到達したと発表したが、その後の人口統計の改定により60億人に到達したのは1998年だったと改定した。 ※世界人口の詳しい最新情報については、国連人口部の発行する「世界人口推計 2017年改訂版(World Population Prospects, the 2017 Revision)」(英語)をご覧ください。 ※このグラフは世界人口の推移を大まかに理解していただくために作成したものです。1950年以前の出来事の年代は、国連人口基金の公式見解ではありません。

 

まとめ

国連人口基金の活動、日本の政府関係機関・政策決定者・市民社会との協力や、日本政府からの国連人口基金への支援を紹介しています。

 

まとめ

Renewing commitments to the health and rights of women and young people 

まとめ

国連人口基金の活動、日本の政府関係機関・政策決定者・市民社会との協力や、日本政府からの国連人口基金への支援を紹介しています。

まとめ

ページ