ニュース

ニュース

2003年02月27日

プレスリリース
国連人口基金は出生率減少による地球規模の人口増加の抑制を歓迎する。この人口増加の抑制は、国連人口部が昨日報告したものである。 『世界人口推計-2002年改訂版-』によると、現在の63億人の世界人口が2050年までに89億人に増加する。これは2年前に予想した30億人の人口増加に対し、26億人に収まったことになる。人口増加は主に発展途上国において起こると考えられている。 増加の抑制の原因として、... さらに詳しく

2003年02月05日

プレスリリース
国連人口基金および国際ロータリークラブは、世界の人口・開発問題への協力に関する覚書を更新した。国連人口基金とロータリークラブは、開発ニーズや、世界的な人口増加における課題を取り扱うために、昨年作成された合意に沿って、今後も協力関係を続けていく。 覚書の取り決めによれば、国連人口基金および世界中に3万あるロータリークラブのうち、いくつかが現地の人口・開発ニーズを特定し、... さらに詳しく

2003年01月23日

プレスリリース
4,000万ものアフリカに住む人々に死の危険をもたらしているHIV/AIDSと食糧危機の相互作用に対応して、国連人口基金は救援活動がHIV/AIDSと食糧危機の2つの問題を相互に作用しあっっている問題として取り扱うために3つの地域会議を計画している。 国連エイズ合同計画(UNAIDS)やその他のパートナーと連携の下に実施されている、国連人口基金イニシアティブは、... さらに詳しく

2002年12月20日

プレスリリース
女性の権利とリプロダクティブ・へルス・サービスへの支援として、オランダ政府は今週、国連人口基金に対する追加の貢献金250万米ドルを拠出するとの表明を出した。これは2001年7月にオランダが2002年度の通常拠出に加えて分配した200万米ドルへのさらなる追加拠出となる。これにより、オランダの拠出金は5,500万米ドル近くに達し、同国は今年度で第一位の拠出国となった。 国連人口基金... さらに詳しく

2002年09月01日

声明文
2002年9月1日、私、池上清子は国連人口基金 東京事務所所長に就任しました。これまでの経験を生かし、日本のみなさんに人口問題、特に性と生殖に関する健康/権利 や女性のエンパワーメント の重要性への理解を深めてもらえるよう、活動していきたいと思います。 日本では、人口問題や家族計画というと、過去の問題で、私たちには関係がない、と思われがちです。しかし、日本の少子化現象の背景にあるのは、... さらに詳しく

2002年08月30日

プレスリリース
国連人口基金は、持続可能な開発にはリプロダクティブ・ヘルスと女性の権利の確保が必要不可欠である、という声明を発表した。 和気邦夫 国連人口基金事務局次長は、「貧困・人口・環境問題は相互関係にあり、まず最初に、人口問題が解決されなければ、貧困削減や自然保護の実行が困難です。また、現在人口のほとんどが途上国で増え続けているものの、その速度はかつての半分にまで減少している事実は、女性が自ら、... さらに詳しく

2002年08月20日

プレスリリース
国連人口基金は2002年9月1日に東京事務所を開設する。事務所は、東京都渋谷区神宮前5丁目53-70 UNハウス(国連大学ビル)内に置く。 トラヤ・オベイド 国連人口基金事務局長は、「国連人口基金の上位拠出国の1つで、人口分野の国際的リーダーである日本に事務所を開設できることは国連人口基金にとって喜ばしいことである。我々は、... さらに詳しく

2002年03月01日

声明文
2002年10月1日の国連人口基金 東京事務所開所記念シンポジウムは、台風というあいにくの天候でしたが、多くの方の参加を得て、盛況のうちに終了することができました。 9月1日の事務所の立ち上げ、10月1日のシンポジウム開催、10月5~6日の国際協力フェスティバルへの参加と、行事が続きました。 今は嵐の後、という気分ですが、本格的な活動はこれからです。日本のみなさんに人口問題への関心を深め、... さらに詳しく

Pages