UNFPA職員便り

出典の日付:

     

戸崎智支

本部人事部 人事分析官

早稲田大学政治経済学部を卒業し、事務系総合職として日本の大手鉄道会社に入社。その後、ジェトロ・アジア経済研究所開発スクールで開発経済学を学び、コーネル大学では人事管理修士号を取得。そして、大手石油会社の人事のスペシャリストとして働くなど、民間企業勤務を経て現職。

現在は、国連人口基金の人事部門で国際情勢をとりまく変化に対応すべく、人事部門の機構改革に携わっている。また、今までの経験をもとに独自に作り上げた人事システムを用いて、人事部の効率性、人事戦略の進歩を評価する指標策定等も担当している。

外務省 国際機関人事センターの「小池絵未の国際機関探訪」に戸崎のインタビュー記事が掲載されています。

また、『毎日フォーラム』9月号の特集「国際機関で働こう!」に、国連人口基金で働くことになったきっかけや、ニューヨークの本部で、人事分析官として人事戦略に携わっている様子が紹介されています。詳しくPDFをご覧ください。