プレスリリース

新型コロナウイルス感染症が女性の健康にもたらす深刻な影響

2020年04月28日

COVID-19のパンデミックの影響を受けるバングラディシュ・マダーリプルで、女の子の赤ちゃんを取り上げる助産師
国連人口基金(UNFPA)による新たな予測
~新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な大流行が
女性の健康にもたらす深刻な影響を予測~
 
4,700万人以上の女性が避妊具・薬へアクセスできなくなり、
その結果、今後数か月で700万もの望まない妊娠が起こる
 
2020年4月27日、ニューヨーク
 国連人口基金(UNFPA)が4月27日に発表した調査データによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な大流行が継続することにより、家族計画サービスにアクセスできなかったり、望まない妊娠、ジェンダーに基づく暴力、女性性器切除(FGM:Female Genital Mutilation)や児童婚などの有害な慣習に直面する女性が、今後数か月で何百万人も増加する可能性がある。
 
 今回の調査によって、COVID-19が女性に対して甚大な影響を及ぼすことが明らかになった。これには、COVID-19の流行によって各国の医療従事者等を含む保健システムに負荷がかかり、医療施設が閉鎖されたり、女性や少女に対する保健サービスが制限されたりすることが背景にある。また、多くの女性がウイルス感染への恐れや外出制限のために医療施設へ行かずに、重要な健診などを避けてしまうことも要因となっている。
 
 さらに、世界的なサプライチェーンの崩壊によって、避妊具・薬の深刻な不足が起きると予想されている。また、外出制限により長期に渡り女性が家で過ごさなければならなくなるため、ジェンダーに基づく暴力が急増すると予想されている。
 
 UNFPA事務局長ナタリア・カネムは「今回の新しいデータは、COVID-19が世界の女性や少女に深刻な影響をもたらすことを示しています。COVID-19の世界的な大流行は不平等をより浮き彫りにし、さらに何百万人以上の女性や少女が、家族計画を行えなくなる、自身の身体や健康を守れなくなるといったリスクを抱えています」と述べている。また、「女性のリプロダクティブ・ヘルス/ライツは何としても守らなければなりません。サービスの継続や必要な物資の供給を行い、脆弱な人々を保護し支援しなければなりません」とも述べている。
 
UNFPAの主な予測
●ロックダウンが6か月間続き保健サービスに関する深刻な崩壊が起きた場合、114の低中所得国で4,700万人もの女性が近代的な避妊具・薬を入手できなくなり、700万もの望まない妊娠が起こる。ロックダウンが3か月間延長される毎に、さらに最大200万人もの女性が近代的な避妊具・薬を使用できなくなる。
●ロックダウンが少なくとも6か月間続いた場合、ジェンダーに基づく暴力が3,100万件増加する。ロックダウンが3か月間延長される毎に、さらに1,500万件のジェンダーに基づく暴力が増加する。
●COVID-19への対応のため、女性性器切除(FGM)を防止するための事業が中断され、本来なら予防できていた200万件のFGMが今後10年で発生する。
●COVID-19により児童婚をなくすための取組が中断され、2020年-2030年の間に、本来なら回避できていた1,300万件の児童婚が発生する。
 
 UNFPAは、出産可能年齢の女性や少女のニーズに優先的かつ迅速に対応するため、この厳しい公衆衛生上の緊急事態の最中、各国政府やパートナー機関と連携している。活動の優先事項として、保健システム強化、医療従事者を保護する上で必要な医療物資の調達・供給、性と生殖に関する健康の推進及びジェンダーに基づく暴力を予防するサービスの提供、リスクコミュニケーションやコミュニティー関与の促進に焦点を当てて活動している。
 
 本調査は、UNFPAがアヴェニール・ヘルス社(Avenir Health)、米国のジョンズ・ホプキンス大学、オーストラリアのビクトリア大学の協力を得て実施した。本調査における予測は、UNFPAの2030年目標の達成に向けての最近の調査に基づいている。各推計は、COVID-19の当該問題への直接影響を予測するとともに、感染拡大の影響によって中断された事業の影響と組み合わせて算出された。
●UNFPA本部からのプレスリリース(英語)はこちら
●UNFPAのCOVID-19への対応・取組み:Coronavirus Disease (COVID-19) Pandemic UNFPA Global Response Plan(英語)
 
【問い合わせ先】
● Malene Arboe-Rasmussen (コペンハーゲン): +45 6166 1291; arboe-rasmussen@unfpa.org
● Eddie Wright (ニューヨーク): +1 917 831 2074; ewright@unfpa.org
 
本件は、朝日新聞NHKでも記事として取り上げていただきました。
 
【COVID-19関連ニュース】