Published on:

2020年06月23日

UNFPA(国連人口基金)は、性と生殖に関する健康を推進する国連機関です。わたしたちは、すべての妊娠が望まれ、すべての出産が安全に行われ、そして若者の可能性で満たされた世界にするために活動しています。

 

持続可能な開発目標(SDGs)実現のために、2030年までに、UNFPAはすべての男性、女性や若者を取り巻く世界を変えるための次の3つのZEROミッションを掲げています。

 

妊娠・出産による妊産婦の死亡をZEROに

- 家族計画サービスへのアクセスが満たされない状況をZERO

児童婚などの有害な慣習とジェンダーに基づく暴力をZEROに

 

またUNFPAは、2019年には以下のことを達成しました。

 

- 47,000人を超える妊産婦の死亡を防ぐこと

- 1400万を超える望まない妊娠を防ぐこと

- 20万人以上の少女を女性性器切除から救うこと

 

近親者からの暴力に怯える女性が一人もいないように

母親が命を落とすことのないように

予防可能な原因で子どもの命が失われないように

全ての人が家族計画へのアクセスができるように

 

UNFPAはこれからも積極的に支援活動に取り組みます。ぜひこの動画をご覧ください。