世界人口白書2016

10歳の少女の今が私たちの未来を決める

10歳の少女の今が私たちの未来を決める

ページ番号: 48

出版日: 2016

著者: UNFPA

Publisher: UNFPA

世界のなかでも、あるところでは、思春期にさしかかると、前途には限りない可能性が広がり、10歳の少女は自分の教育、その後の仕事、そして人生全般に影響を及ぼす選択をし始めます。

しかし別のところでは、10 歳の少女の生きる範囲は限られています。思春期を迎えると、親戚、地域社会の有力者、社会的・文化的規範、制度や差別的な法律などが一緒になって、その少女の人生の道に立ちはだかるのです。

10 歳ともなると、結婚を強いられるかもしれません。そして学校は中退を余儀なくされ、育児と夫への忍従の生涯が始まることになるかもしれません。

10 歳になると、資産、つまり売買の対象となる商品とされることもあります。

10 歳になると、自分の人生について一切の発言が否定されることもあります。

10 歳になると、その子の人生は自分のものではなくなります。すべて他の人たちが決めるのです。

少女が思春期から生産的で自立した大人になるまで、安全で健康な道をたどるのを邪魔するのは、権利の侵害です。これは本人だけでなく、その地域や国にとっても大きな損失となります。

少女の潜在的な可能性が実現されないと、私たちはすべてを失うことになります。

(国連人口基金事務局長「はじめに」より)

世界人口白書2016 ダウンロード

  • 世界人口白書2016(英語版)

    英語版はこちらからダウンロードすることが出来ます。(国連人口基金本部ウェブサイト)

 

関連資料ダウンロード

関連資料を下記よりダウンロードすることが出来ます。