世界人口白書2001

人類の足跡と未来への道標─人口と環境の変化

人類の足跡と未来への道標─人口と環境の変化

ページ番号: 81

出版日: 2001

著者: UNFPA

Publisher: UNFPA

Footprints and Milestones: Population and Environmental Change

今日、人類の足跡はどこでも見られます。人間の活動は、どのような遠隔地であれ地球の隅々にまで影響を及ぼし、また生態系は一番単純なものから最も複雑なものまですべてがその影響を受けています。われわれの選択と介入は自然界を変容させ、文明の質とその持続、また自然の複雑なバランスに対して大きな可能性と極度の危険の双方をもたらしています。本書は、環境条件、人口の動向、開発途上国における貧困削減の見通しの間の密接なつながりを検討しています。また、女性のエンパワーメントやリプロダクティブ・ヘルス/ライツの確保は、人口と開発のニーズと環境確保とのバランスを達成するために不可欠であると解説しています。

世界の人口についてもっと知りたい方はWorld Population Prospects(英語)をご覧ください。

日本の人口に関するデータは、総務省 統計局のウェブサイトをご覧ください。


  • 世界人口白書2001英語版は、国連人口基金本部ウェブサイトからダウンロードすることが出来ます。
  • 世界人口白書2001日本語版の冊子をご希望の方はこちらをご覧ください。