世界人口白書1997

選択する権利:リプロダクティブ・ライツとリプロダクティブ・ヘルス

選択する権利:リプロダクティブ・ライツとリプロダクティブ・ヘルス

ページ番号: 15

出版日: 1997

著者: UNFPA

The Right to Choose: Reproductive Rights and Reproductive Health

リプロダクティブ・ヘルスケアが不備であったり、体制が整わないために、一般的な女性に対する差別や暴力と相まって、広範な人権侵害が生じています。妊娠や出産に関して自由に決定する権利を含めたセクシュアル・ライツおよびリプロダクティブ・ライツが保障されていないために、毎年何百万人もの命が失われ、それ以上の人々が疾病や障害に苦しんでいます。このような被害を受けている人のほとんどが女性であり、それも大部分が開発途上国の女性です。本書は、セクシュアル・ライツおよびリプロダクティブ・ライツとは何かを定義している国際的な合意事項の概要を述べ、これらの権利を確保し擁護していくうえでの進展と問題点を明らかにし、さらにこれらの権利が否定された場合、何百万人もの男女にどのような影響が及ぶのかを検討しています。

世界の人口についてもっと知りたい方はWorld Population Prospects(英語)をご覧ください。

日本の人口に関するデータは、総務省 統計局のウェブサイトをご覧ください。


  • 世界人口白書1997日本語版の冊子をご希望の方はこちらをご覧ください。