Минулі вакансії

過去の採用情報

勤務地: 国連人口基金東京事務所
締切日:

2020年08月25日


東京事務所では以下の要領でインターンを募集しています。 ​ ​ ​ 応募資格 大学4年生または大学院在籍中、もしくは大学院・大学卒業後1年以内であること 6週間~6カ月間、週3~5日定期的に事務所に通える方 国際協力、開発分野における知識や経験がある方 特に人口開発問題、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、ジェンダー平等、女性のエンパワーメント、若者等の分野への関心がある方が望ましい 日本語・英語で業務が可能なこと MS Office を使用した作業が可能なこと オンライン業務に慣れていることが望ましい インターン業務内容 UNFPA東京事務所の業務アシスタント ウェブサイト・... さらに詳しく
勤務地: エチオピア アディスアベバ
締切日:

2020年06月18日


【急募】COVID-19影響下におけるSRHプログラムオフィサー 募集     ●募集ポスト:SRH(性と生殖に関する健康)プログラムオフィサー日本政府とUNVが発表した「新型コロナウィルス感染症COVID-19影響削減のためのJAPAN-UNVパートナーシップ」において、日本人専門家を対象に15名の国連ボランティアが派遣されます。そのうち1名が、UNFPAエチオピア事務所に派遣される予定になっています。ご興味のある方は、ぜひご応募してください。 ●派遣期間:8か月 (2020年8月1日勤務開始予定) ●勤務地:アディスアベバ(エチオピア)    ●業務内容:... さらに詳しく
勤務地: バングラデシュ コックスバザール
締切日:

2020年05月20日


UNFPAバングラデシュ事務所管轄のコックスバザール支所で、「ジェンダーに基づく暴力(GBV)」及び「性と生殖に関する健康・権利(SRHR)」分野のスペシャリスト(P3レベル)を募集しています。 ●契約形態:任期付職員 ●勤務地:コックスバザール(バングラデシュ) ●業務内容:2017年8月25日以来、ミャンマー北部ラカイン州からバングラデシュへの避難を求めるロヒンギャ難民の流入が未曾有の規模となったことを受け、コックスバザール地区に新たに85万人を超えるロヒンギャ難民が流入しました。UNFPAは、これらロヒンギャ難民に対し、「性と生殖に関する健康・権利」の保障と、「ジェンダーに基づく暴力... さらに詳しく

ページ