現在地

過去の採用情報

国連人口基金(UNFPA) 東京事務所 広報インターン募集のお知らせ

勤務地: 国連人口基金 東京事務所

締切日: 12 7月 2021

国連人口基金(UNFPA) 東京事務所では以下の要領でインターンを募集しています。 7月12日(月)が応募締め切りですので、ぜひご応募ください。 応募資格 大学4年生または大学院在籍中、もしくは大学院・大学卒業後1年以内であること 2~6カ月間、週2〜4日対応可能なこと 広報、イベント企画・運営、渉外に関わった経験があること  国際協力、人道支援、開発分野における知識や経験があること。特に人口開発問題、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、ジェンダー平等、女性のエンパワーメント、若者、少子高齢化等の分野への関心があること 日本語・英語で業務が可能なこと MS Office...

続きを読む

【急募】Sexual and Reproductive Health Specialist 募集:ジンバブエ

勤務地: ジンバブエ ハラレ

締切日: 3 6月 2021

【急募】Sexual and Reproductive Health Specialist 募集:ジンバブエ   ・募集ポスト UNFPA ジンバブエ事務所は「COVID-19影響下における産科救急ケア及び新生児ケアの強化」プロジェクトの実施に携わるスペシャリスト(国連ボランティア)を募集しています。 日本大使館との折衝が必要とされるため、日本人の募集が推奨されています。   ・派遣期間:12か月(2021年7月1日派遣予定) ・勤務地:ハラレ(ジンバブエ) ・業務内容 プロジェクトの実施・モニタリングを通して、COVID-19影響下における産科救急ケア及び新生児ケアの強化に貢献します。...

続きを読む

【急募】COVID-19影響下におけるSRH改善・GBV予防プロジェクトオフィサー 募集

勤務地: コモロ モロニ

締切日: 13 4月 2021

【急募】COVID-19影響下におけるSRH改善・GBV予防プロジェクトオフィサー 募集            ●募集ポスト: 日本政府の令和2年度補正予算からの支援により、UNFPAは「コモロ12地区におけるリプロダクティブ・ヘルス・サービス及びジェンダーに基づく暴力(GBV)への予防・対応活動の改善」プロジェクトを実施します。同プロジェクトの計画・実施を担当するプロジェクトオフィサー(国連ボランティア)を募集しています。日本政府・大使館との折衝が必要とされるため、日本人の応募が推奨されています。   ●派遣期間:12か月 (採用後すぐの派遣予定)   ●勤務地:モロニ(コモロ...

続きを読む

ページ