すべての人々に権利と選択を

公式アカウント

ニュース

2020年06月30日

世界人口白書2020  自分の意に反して:女性や少女を傷つけ平等を奪う有害な慣習に立ち向かう

【世界の一部地域で静かに根強く蔓延する有害な慣習の危機に立ち向かう】 UNFPA が発表した世界人口白書によると、女性性器切除、児童婚、その他女性や少女を傷つける有害な慣習を撲滅するためには、緊急かつさらに加速させた対策が必要だ。 2020年6月30日 ニューヨーク 性と生殖に関する健康分野で活動する国連人口基金(UNFPA)が本日発表した「世界人口白書2020」によると、毎年、何百万人もの少女が、身体的・精神的に有害な慣習の被害を受けており、また少女の家族や友人、コミュニティはそのことを十分承知し同意もしている。 白書によると、ブレスト・アイロニング(胸の成長を妨げて性的被害から守るため、熱した石やハンマーを少女の胸に押し当てること)から処女検査(

2020年06月30日

6月30日 世界人口白書2020に寄せて―事務局長ナタリア・カネム

UNFPA事務局長ナタリア・カネムは、世界人口白書2020の発表に際し、声明文を発表しました。   ―――――――――――――――――――――― 声明文   ナタリア・カネム UNFPA Executive Director 国連人口基金(UNFPA)事務局長   世界人口白書2020 自分の意に反して:女性や少女を傷つけ平等を奪う有害な慣習に立ち向かう   想像してみてください。彼女は12歳で学校が大好きです。学校の先生によれば彼女には数学の才能がありました。ある朝、彼女が目を覚ますと、両親から一番良い服を着るように言われました。数時間後、彼女は近所に住む3倍以上も年上の男性と結婚することになっていました。彼女はもう学校に戻ることはできません

2020年06月21日

【6月19日「紛争下の性的暴力根絶のための国際デー」に寄せて - UNFPA 事務局長ナタリア・カネム 】

UNFPA 事務局長ナタリア・カネムは、6月19日「紛争下の性的暴力根絶のための国際デー」に際して、声明文を発表しました。   紛争下における性的暴力は、私たちの社会全体を脅かす残忍な犯罪であり、国際法を軽んじ、人類の良心を傷つけるものです。新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の世界的流行により、この問題はさらに悪化し、性的暴力の被害者が救命サービスや支援を受けにくく、性的暴力の実態が把握しにくくなっています。   UNFPAは様々な機関と協力して、2030年までに、こうした紛争下での性的暴力を含むあらゆる形態のジェンダーに基づく暴力をなくすことを目標としています。女性や少女のリスクを予防・軽減するだけでなく、

最新の投稿