すべての人々に権利と選択を

公式アカウント

ニュース

2020年11月25日

2020年11月25日「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に寄せてー事務局長ナタリア・カネム

11月25日は「女性に対する暴力撤廃の国際デー」です。 女性と女児に対する暴力は、世界で最もよく見られる人権侵害の1つです。女性に対して身体的、性的、若しくは心理的な危害又は苦痛となる行為、あるいはそうなるおそれのある行為を指します。社会的階層、経済状況、国を問わず、全世界でジェンダーに基づく暴力の被害が発生しています。 全世界で、約3人に1人の女性が、生涯に身体的または性的虐待を経験しているとされています UNFPA事務局長ナタリア・カネムは、11月25日「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に際し、以下の声明文を発表しました。   ****************************************   暴力に「もうたくさん」

2020年10月08日

10月11日「国際ガールズ・デー」に寄せてー事務局長ナタリア・カネム

10月11日は「国際ガールズ・デー」です。ジェンダー不平等や女性に対する暴力等、世界中の女性たちが直面している問題に国際社会が協力して取り組むために2011年12月19日、国際連合によって採択された国際的な記念日です。   UNFPA事務局長ナタリア・カネムは、10月11日「国際ガールズ・デー」に際し、以下の声明文を発表しました。     少女たちの声を聞き、彼女たちの権利を守りましょう     全ての少女たちは声を上げる権利、そしてその意見が聞き届けられる権利を持っています。   今日、この国際ガールズ・デーの日に、彼女たちの声に耳を傾け、その意見を支持することを約束しましょう。   彼女たちの声は、家や学校、公共の場、

2020年07月11日

#若者が立ち向かうCOVID19キャンペーン Episode6

国連人口基金UNFPAはPreziと協力して、世界中の若い世代にCOVID-19についての正しい情報を伝え、家族、友達、大切なコミュニティを守るための動画を作り発信していくキャンペーン #YouthAgaistCOVID19 #若者が立ち向かうCOVID19 を推進しています。 COVID-19 の与える影響は、ジェンダーによってどのように異なるのでしょうか? Episode6では、コロンビア大学大学院の林佐和美さんが、COVID-19の与える影響がジェンダーによってどのように異なるのか解説しています。こちらをご覧ください。 ぜひみなさんもこの動画をリサイクルして、家族や友達に発信してください。このウィルスと症状について必要な情報を発信することが、

最新の投稿