ニュース

#若者が立ち向かうCOVID19キャンペーン

2020年04月29日

UNFPAはPreziと協力して、世界中の若い世代にCOVID-19についての正しい情報を伝え、家族、友達、大切なコミュニティを守るための動画を作り発信していくキャンペーンを始めました。

これから全6回にわたってご紹介する私たちのビデオシリーズでは、COVID-19に関する様々な情報を、若い世代の皆さんが発信できるように分かりやすく説明していきます。

詳しくはこちらの動画(英語日本語)をご覧ください。英語版の動画の原稿はこちらです。

【これまでに作成された日本語のEpisode動画】

Episode 1 : COVID-19とは何か? (UNFPA東京事務所インターン 千田慎之介)

Episode 2 : COVID-19についてのよくある疑問
                     (UNFPA東京事務所インターン Yufan (中国語) / 千田慎之介 (日本語) )      

Episode 3 : COVID-19はセクシュアル・ヘルスにどのように影響するのか? 
                     (UNFPA東京事務所インターン 千田慎之介 / 東京大学大学院 村上芽生さん)

Episode 4 : COVID-19はメンタルヘルスにどのように影響するのか?
                     (持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム(JYPS) 山口和美さん)

*この日本語の動画は、世界中のあらゆる言語の若者の動画と並んで、キャンペーン公式サイトにも掲載されています。

【キャンペーン特製テンプレートを用いた動画の作り方】

①まず、Preziのアカウントを作成してください。作成は無料です。メールアドレスやユーザーネーム、パスワードなどの必要事項を入力すれば簡単に作れます。Preziのホームページ(日本語)はこちら

“Prezi Videoを無料で利用”をクリックし、ベーシックプランを選択すれば、無料で利用することができます。その他の有料プランは、4/29現在、14日間の無料トライアルができます。

キャンペーン公式サイト(英語)またはUNFPA東京事務所のSNS(FacebookTwitterInstagram)に掲載されている動画の中から基にしたいEpisode動画を選んで、画面下のリサイクルのアイコンをクリックすると、自動的に自分のアカウントのダッシュボードに動画のテンプレートが登録されます。

注意:ログアウトしていたり、シークレットウィンドウで閲覧している場合は、上記のような表示がされませんので、まずアカウントにログインしてからリサイクルボタンをクリックしてください。

③自分のアカウントのダッシュボードから“編集”を選択すると、カメラを検出して、映り具合とテンプレートの確認・調整ができます。追加で字幕もつけられます。

④映り具合とテンプレートの確認・調整が終わったら、次は実際に録画をしていきます。途中でカメラを止めたり、新しい動画素材を挿入したりすることはできませんが、何度でも撮り直しができます。納得できるまで何度でも練習してみてください。

⑤録画が終わったら、公開を選択して#YouthAgainstCOVID19キャンペーンに参加してください!

⑥作った動画をSNSに投稿する時には、#YouthAgainstCOVID19のハッシュタグを付けてください。皆さんが作成した動画が、キャンペーン公式サイト(英語)でも紹介されるかもしれません。

 

世界中の若い世代と協力してこのキャンペーンに取り組みましょう。COVID-19から身を守るためのインフォデミック[1]を沈静化させ、正しい情報を身近なコミュニティに広め、集団感染の拡大を防ぐことにつながります。皆さんの参加をお待ちしています!


[1] インフォデミックとは、ネットで噂やデマも含めて大量の情報が氾濫し、現実社会に影響を及ぼす現象