ニュース

【新型コロナウイルスと高齢者に関する6つの課題】

2020年06月06日

昨年末より感染拡大を続ける新型コロナウイルス感染症は、世界中で未曾有の事態を巻き起こしています。感染症としての健康面への脅威のみならず、経済面や精神面、果ては国際協調のあり方にまで影響を及ぼしています。中でも特筆すべきは高齢者に及ぼす深刻な影響です。

そこで国連人口基金では、新型コロナウイルス感染症が高齢者に与える深刻な影響と、その原因と対策についてまとめたガイダンス(2020年4月/英語)を発表しました。国連本部からも、アントニオ・グテーレス国連事務総長が高齢者に関する政策概要(20205/英語)の発表に寄せるビデオ・メッセージ(2020年5月/英語・日本語字幕)を発信しています。

なぜ新型コロナウイルス感染症が高齢者にとって特に脅威なのか、またどのような背景がこうした事態を引き起こしているかについて解説しています。高齢化の課題先進国と言われる日本において、高齢者対策は施設・組織・企業・地方などあらゆるレベルに関わる問題です。要約の日本語版に関しては、日本老年学的評価研究機構(JAGES)の協力のもと作成しました。こちら(日本語)より、ご覧ください。

(2020年7月15日追記)

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の高齢者への影響:アジア・太平洋地域」レポート2020年6月号

UNFPAによる支援でHelpAge Internationalが調査している「新型コロナウイスス感染症の高齢者への影響:アジア太平洋地域」の第一号レポートが発表されました。「新型コロナウイルス感染症で変化した高齢者を取り巻く環境」や「政府やNGOなどの諸関連機関がどのようにコロナ禍の高齢者問題に対応しているか」とったコロナ禍における高齢者の最新情報についてまとめています。全文はこちらから(英文)ご覧ください。