世界人口白書2007

拡大する都市の可能性を引き出す

ページ番号: 106

出版日: 2007

著者: UNFPA

Publisher: UNFPA

ダウンロード

Unleashing the Potential of Urban Growth

2008年、人類史上初めて、世界人口の半分以上にあたる33億人が、都市部で生活することになります。2030年までには、この人数がさらに約50億人にまで膨れ上がると見込まれています。新たに都市に住む人たちの多くは貧困層となるでしょう。都市居住者の未来、開発途上国の都市の未来、人類そのものの未来はすべて、ひとえにこの都市人口の増加に備え、今どのような決断を下すかにかかっています。本白書では、迫りくる開発途上国の都市人口の倍増がもたらす影響を把握し、この大規模な増加に備えて取るべき行動を検討しています。

世界の人口についてもっと知りたい方はWorld Population Prospects(英語)をご覧ください。

日本の人口に関するデータは、総務省 統計局のウェブサイトをご覧ください。


  • 世界人口白書2007英語版は、国連人口基金本部ウェブサイトからダウンロードすることが出来ます。
  • 世界人口白書2007日本語版の冊子をご希望の方はこちらをご覧ください。