UNFPA/UN Women共催「女性に対する暴力撤廃の国際デー」記念上映会

福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス)

UNFPA/UN Women共催
「女性に対する暴力撤廃の国際デー」記念
ノーベル平和賞受賞コンゴ人医師ドキュメンタリー映画『女を修理する男』上映会
 

女性に対する暴力撤廃の国際デー(11月25日)に合わせ、国連女性機関(UN Women)、国連人口基金(UNFPA)共催で『女を修理する男』の上映会を開催します!

 

4万人以上の性暴力の被害を受けた女性たちを治療した功績で、今年10月にノーベル平和賞を受賞した、コンゴ民主共和国出身の人婦人科医デニ・ムクウェゲ医師による命がけの治療を追ったドキュメンタリー映画です。

 

上映後には、今年のテーマ「世界をオレンジ色に:#HearMeToo ~私の声も聞いて~」に関するトークセッションもあります。女性に対する暴力について、みなさんもこの機会に一緒に考えてみませんか?

 

また本上映会は、来年横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD7)のパートナー事業に認定されています。上映会を通じて、世界各地、特にアフリカにおける「女性への暴力撤廃」について、多くの方々に考えてもらうことで、アフリカ開発への貢献の一助となればと考えています。

 

【映画概要】
暗殺未遂にあいながらも、医療的手段・司法的手段によって性暴力の被害にあった女性の救済に献身したコンゴ人医師。生存者の証言や加害者への不処罰、背景となった紛争などを織り交ぜながら彼の命がけの治療を追いました。

 

日時: 20181125()

     開場 14:30

     開会 15:00∼18:00 

      ・ 映画『女を修理する男』上映(約2時間) 

      ・ トークセッション

        登壇者: 古田 大輔氏 (BuzzFeed Japan 創刊編集長)

             飯山 智史氏 (EMPOWER Project 共同代表/東京大学医学部3年)

             石川 雅恵氏 (UN Women日本事務所長)

                                    佐藤 摩利子氏 (UNFPA東京事務所長)、ほか

 

 

場所: 東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール 地下2階 福武ラーニングシアター

             最寄り駅:本郷三丁目・東大前駅

 

参加費: 無料(要事前申込み)

 一部刺激の強い描写もございます。
 12歳以下のお子様のご鑑賞は、 保護者の方の自主的なご判断をお願いいたします。

 

映画予告編はこちらから: https://youtu.be/HNkuhVkbZ1A

 

共催:  UNFPA (国連人口基金) 東京事務所・UN Women (国連女性機関) 事務所

協力:  東京大学教養学部教養教育高度化機構国際連携部門・EMPOWER Project/東京大学UNiTe

 

定員に達したため、参加申し込みは締め切りました。

 

※ 本事業は、第7回アフリカ開発会議 (TICAD7) パートナー事業です。
TICADはアフリカ開発をテーマとする国際会議で、1993年の第1回会議以降、2013年の第5回会議までは5年に一度開催され、2016年に初めてアフリカ(ケニア、ナイロビ)で行われた第6回会議からは3年に一度の開催となりました。現在は国連、国連開発計画(UNDP)、世界銀行及びアフリカ連合委員会(AUC)がTICADの共催者となっている。第7回 (TICAD7)は2019年8月に横浜で開催される予定です。