6月25日 「女性が変えるグローバルヘルスと日本 - 自分が変わる、社会を変える」

2019年06月25日

大村進・美枝子記念聖路加国際臨床学術センター 日野原ホールB1F

6月25日に、聖路加国際大学WHO(世界保健機構)コラボレーティングセンターと共催で、世界から見た日本の働く女性を取り巻く課題と経験について語り合うセミナーを開催し、国際保健分野で活躍する女性を交えて、講演とパネルディスカッションを行います。東京事務所長の佐藤も開会挨拶をする予定です。

 

「女性が変えるグローバルヘルスと日本 - 自分が変わる、社会を変える」

 

主催:聖路加国際大学WHO(世界保健機構)コラボレーティングセンター

共催:UNFPA(国連人口基金)

後援:UNDP(国連開発計画)駐日事務所

 

日時:2019年6月25日(火)17:30-19:30

場所:大村進・美枝子記念聖路加国際臨床学術センター 日野原ホールB1F (アクセス

参加費:無料

申し込み:こちらから必要事項を記入してお申し込みください。

 

スケジュール:

*開会挨拶:佐藤摩利子 UNFPA東京事務所長

*基調講演1:

ジャネット・タカムラ氏 コロンビア大学社会福祉学大学院 名誉学部長・教授(老年学・社会政策学)

「Women’s Empowerment: A Public Health Idea Whose Time Has Come」

*基調講演2:

進藤奈邦子氏 WHO健康危機プログラムシニアサイエンスアドバイザー

「ケーススタディ -望めば叶う- 子どもを育てて自分も育つ」

*パネルディスカッション:

モデレーター:久保純子氏 フリーアナウンサー

パネリスト:ジャネット・タカムラ氏、進藤奈邦子氏、岡邦子氏 UNDPコンサルタント

「女性のエンパワーメントと女性の生き方・働き方」

 

総合司会:大田えりか氏 聖路加国際大学看護学研究科教授(国際看護学領域)

 

お問い合わせ:

聖路加国際大学WHO コラボレーティングセンター

電話(代表):03-3543-639

メール:slcn.globalhealth@gmail.com