11月25日UNFPA/プラン 主催「女性に対する暴力撤廃の国際デー」記念オンライン・イベント

2020年11月25日

Zoom

女性への暴力のない明るい未来、世界をオレンジに

UNFPA東京事務所は、国際NGOプラン・インターナショナルと協働し、1125日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー*」に合わせイベントを開催します。本イベントでは、女性に対するさまざまな形の暴力を取り上げます。前半では世界における女性の健康に関する有害な慣習の実態を概観し、後半では日本国内の性暴力やハラスメントに関して、パネリストが議論を行います。

 

*「女性に対する暴力撤廃の国際デー」は、女性への暴力に対する啓発の日として1999年に国連総会で制定されました。

 

<イベント詳細>

■タイトル
1125日「女性に対する暴力撤廃の国際デー」記念オンライン・イベント

 

■日時
20201125日(水)15:0017:0014:50 Zoom公開)
第一部:15:0015:50  『世界人口白書2020』日本語抜粋版発表
第二部:15:5017:00  パネルディスカッション
「日本における女性に対する暴力撲滅キャンペーン」

 

■イベント内容(敬称略)

開会挨拶:黄川田仁志(JPFP事務総長衆議院議員)

 

第一部   『世界人口白書2020』日本語抜粋版発表
『世界人口白書2020』日本語抜粋版をもとに、世界各地での女性の健康に関する有害な慣習や、女性に対する暴力に関する現状報告

●  司会進行:佐藤摩利子(国連人口基金(UNFPA)東京事務所 所長)

●  女性の健康に関する有害な慣習や女性に対する暴力に関するメッセージ(ビデオメッセージ含む):

上川陽子(法務大臣JPFP会長

小野啓一(外務省地球規模課題審議官)

木村泰政(UNICEF東京事務所代表)

石川雅恵(UN Women日本事務所長)

福田友子(IPPF東・東南アジア・大洋州地域事務局長)、ほか

 

第二部   パネルディスカッション:「日本における女性に対する暴力撲滅キャンペーン・キックオフ」
日本における性暴力やDV、オンライン・ハラスメントに関して、具体的な課題や取り組み、解決方法などを議論
●    司会進行長島美紀(公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン アドボカシー・チームリーダー)
●    ファシリテーター:
斎藤文栄(公益財団法人ジョイセフ アドボカシー・マネージャー)
●    登壇者:
宮崎政久(ワンツー議連 事務局長
衆議院議員)

林伴子 (内閣府男女共同参画局長)
山本潤(一般社団法人Spring 代表理事)
プラン・ユースグループ (公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン ユースグループ)、ほか

 

16日間キャンペーンの説明・呼びかけ 

 

閉会挨拶:池上清子(公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン理事長)

 

※上記参加者は変更となる可能性があります。ご了承ください。

 

■募集人数
300

 

■参加費
無料

 

■申し込み
https://forms.gle/6B7NhUFiew7TcBfS9(定員に達し次第締め切り)
視聴用URLは申込者にイベント前日にお送りします。

 

■お問い合わせ
国連人口基金東京事務所 tokyo.office@unfpa.or.jp

 

■主催
国連人口基金東京事務所/ 公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン

 

■共催

国際人口問題議員懇談会(JPFP)/性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟(ワンツー議連)

 

■協力団体

公益財団法人ジョイセフ/国際家族計画連盟(IPPF)/公益財団法人アジア人口・開発協会/一般社団法人Spring/NPO法人全国女性シェルターネット/東京大学教養学部教養教育高度化機構国際連携部門/東京大学UNiTe/EMPOWER Project

 

■後援

外務省/法務省/内閣府/文部科学省/公益社団法人日本医師会/公益社団法人日本看護協会/公益社団法人日本助産師会/UNICEF東京事務所/UN Women日本事務所/一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク

 

<女性に対する暴力に声を上げよう!>

11月25日の「女性に対する暴力撤廃の国際デー」から12月10日の「世界人権デー」までの16日間は、性差別による暴力廃絶活動の16日間とし、世界中でさまざまな機関や団体、活動家が参加しイベントを行います。日本でも、この16日間に、SNSやイベントを通じで女性に対する暴力の撤廃を広く呼びかける予定です。多くの人に、女性に対する暴力の現状を知って、考えてもらうきっかけとなるよう発信します。

11月25日以降、SNSでのリツイート、拡散のご協力をお願いいたします。