【10月2日「第6回地球女性からだ会議2020」が開催されました!】

2020年10月02日

衆議院第一議員会館多目的ホール

10月2日、国連人口基金(UNFPA)東京事務所が内閣府男女共同参画局文部科学省厚生労働省などと共に後援した「第6回地球女性からだ会議2020」が一般社団法人シンクパールの主催により開催されました。「新しい活様式から、どう考える?変時代の性の⼈⽣をテーマとし、様々なバックグラウンドの登壇者が、自身の経験や、女性の健康のために必要な取り組みなどについて語り合いました。

 

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて変わりゆく生活様式に合わせ、月経や妊娠について社会全体がより理解を深め、多様な対応をしていくことが、女性の健康や社会にとって大切であることが確認されました。

 

慶應義塾大学医学部名誉教授で産婦人科医である吉村泰典氏は、ビデオメッセージでキーノートスピーチを行い、日本の未来を築く上では女性と子どもが重要な役割を担うと強調し、「女性の性と生殖に関する健康(SRH)が認められるような社会を目指すことが必要です」と現在の日本社会に警鐘を鳴らしました。

A person standing in front of a window</p>
<p>Description automatically generated

 

女性の権利や健康について話し合うプラットフォームLet’s talk!」のホストである、スーパーモデル Natalia Vodianova (ナタリア・ヴォディアノヴァ) 氏からは、「女性のからだについて話し、女性の体に関するスティグマ (偏見) や恥を打ち破りましょう」という力強いビデオメッセージが届きました。

 A picture containing indoor, table, sitting, game</p>
<p>Description automatically generated

 

 

第一部のセッションでは、UNFPA東京事務所長の佐藤摩利子も登壇し、妊娠や中絶という個人の選択が政治的決断や法律によって制限されることもあるという実例を上げながら「女性の健康問題を、政治問題にしないで欲しい」というメッセージを送りました。

A picture containing indoor, person, young, sitting</p>
<p>Description automatically generated

  

 

武見敬三参議院議員・国際人口問題議員懇談会 幹事長は、「コロナ禍で起こる問題で、女性や子どもに関係するものは特に顕著である」と、コロナ禍において女性へのサポートが喫緊の課題であると指摘しました。