10月8日 【国連人口基金・関西学院大学共催】「現場*トーク・シリーズ」第4回 黒川知子

2019年10月08日

関西学院大学東京丸の内キャンパス

黒川知子:国連人口基金 アジア太平洋地域事務所 アジア太平洋地域人道支援アドバイザー

【国連人口基金・関西学院大学共催】

「現場*トーク・シリーズ」第4回 黒川知子(医師)

 

国連人口基金(UNFPA)で活躍する職員、特に日本人職員による「現場*トーク・シリーズ」の第4回目は、前回に引き続き関西学院大学との共催で開催します。

今回は、アジア・太平洋地域事務所のアジア太平洋地域人道支援アドバイザー 黒川知子が登壇します。

黒川は、医師および公衆衛生の専門家として、15年以上の途上国の紛争や災害の医療現場における人道支援の経験を持ち、現在国連人口基金の人道支援プログラムの管理業務に携わっています。

今回は、「国連人口基金における人道支援」についてお話しいたします。

また、当日は#IMarchFor (わたしが前進するのは○○のため)キャンペーンもおこないますので、ご来場頂いた方はぜひご参加ください。詳細はこちら

 

-------------------------------------------------------------------------------------

国連人口基金 ・ 関西学院大学共催 UNFPA現場*トーク・シリーズ第4回

-------------------------------------------------------------------------------------

【タイトル】 「国連人口基金における人道支援」

【講  師】  黒川知子(国連人口基金 アジア・太平洋地域人道支援アドバイザー)

【日  時】  2019年10月8日(火)18:00 ~ 20:00 ※受付17:30~

【場  所】  関西学院大学東京丸の内キャンパス

              東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10階

【参加費】  無料

【言  語】  英語(通訳なし)※質疑応答は日本語対応可。

【定  員】  70名 ※定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

 

【お申込み】 こちらから必要事項を記入して、お申し込みください。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

【黒川知子 略歴】

医師及び公衆衛生の専門家として、15年以上の医療現場の経験と指導経験を持ち、現在は国連人口基金のアジア太平洋地域人道支援アドバイザーとして勤務。

2017年より国連人口基金の太平洋サブ地域事務所の副所長及び副代表を務め、人道支援プログラムの管理業務にも携わった。前職では、国境なき医師団やプロジェクトHOPEなどの国際NGOにおいて、様々な国や地域における伝染病や自然災害、紛争後の地域や複合的な緊急事態など、あらゆる種類の災害に対し、人道支援と復興支援を指揮した。また、人身売買に関する研究の経験もあり、児童の人身売買・児童買春・児童ポルノに関する国連の報告書のアジアに関する章を担当した。ハーバード大学で生物学学士および公衆衛生学修士(人道支援を中心にしたグローバルヘルス専攻)、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で医学博士(医師)を取得。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

【お問合せ】

国連人口基金東京事務所 tel: 03-5467-4684

関西学院大学東京丸の内キャンパス tel: 03-5222-5678 

 

 

UNFPA Kwansei Gakuin University

“FieldTalk Series” 4th edition: Dr. Tomoko Kurokawa

 

The 4th edition of the “FieldTalk Series”, which introduces a variety of UNFPA staff from around the world, will be co-hosted by Kwansei Gakuin University.

 

In this edition, we welcome to the stage Dr. Tomoko Kurokawa, recently appointed regional humanitarian advisor of the UNFPA Asia-Pacific Regional office. A physician and public health specialist, Dr. Kurokawa has over 15 years of clinical and teaching experience in clinical medicine, and field experience in areas of disaster and conflict. Through her years of experience in providing oversight to humanitarian programming at the UNFPA, she will give a talk on “Humanitarian Assistance in the UNFPA- leaving no one behind”.

 

We will also be holding an #IMarchFor campaign on the day, so please come and participate. Click here for more details.

 

-------------------------------------------------------------------------------------

UNFPA Kwansei Gakuin UniversityUNFPA “FieldTalk Series” 4th edition

-------------------------------------------------------------------------------------

 

【Title】 “Humanitarian Assistance in the UNFPA”

Speaker】 Dr. Tomoko Kurokawa (UNFPA Asia-Pacific Regional Humanitarian Advisor)

【Date and Time】 October 8th 2019 (Tue), 18:00~20:00 Doors open 17:30~

【Venue】 Kwansei Gakuin University Tokyo Marunouchi Campus

【Fee】 Free

【Language】 English (No translation will be provided)

                Questions can be responded in Japanese

【Max capacity】 70 people *Registration will be closed once the max capacity is reached.

 

【Registration】 Please fill in your details from this link.

 

-------------------------------------------------------------------------------------

Tomoko Kurokawa Biography

Tomoko Kurokawa is a physician and public health specialist with over 15 years of clinical and teaching experience, currently working as the Regional Humanitarian Advisor for the UNFPA Asia Pacific Regional Office. She joined UNFPA in 2017 as the Deputy Director and Deputy Representative of the Pacific Sub-Regional Office where she also provided oversight to humanitarian programming. Prior to joining the UN, Tomoko worked with international NGO’s including Médecins Sans Frontières and Project HOPE, leading humanitarian response and recovery in various countries and across different types of disasters including disease epidemics, natural disasters, post-conflict settings and complex emergencies. She has research experience in human trafficking and additionally worked on the research team for the United Nations Report of the Special Rapporteur on the Sale of Children, Child Prostitution and Child Pornography, where she contributed to the chapter on Asia. Tomoko holds a Bachelor’s degree in Biological Sciences from Harvard University, a Doctor of Medicine from the University of California at Los Angeles, and a Master of Public Health in Global Health and Population with a Concentration in Humanitarian Studies, Ethics and Human Rights from the Harvard School of Public Health. 

 

 

Contact Us

UNFPA Tokyo Office        Tel: 03-5467-4684

Kwansei Gakuin University Tokyo Marunouchi Campus          Tel: 03-5222-5678