【9月24~25日 ラグビーワールドカップの釜石が国連人口基金と世界に向けて発信】

2019年09月25日

岩手県釜石市

【9月24~25日 ラグビーワールドカップの釜石が国連人口基金と世界に向けて発信】

国連は、国際的なスポーツイベントを平和、寛容な社会、文化的理解を促進する重要な場であると考えています。また、ニューヨークのプロラグビー・フランチャイズであるラグビー・ユナイテッド・ニューヨーク(RUNY)と、国連人口基金(UNFPA)はパートナーシップを組み、差別を排除し、スポーツの力を通じて最も取り残されている人々のエンパワーメントと参加を促進するために、グローバルな動きで協力しています。
またUNFPAは、国際人口開発会議(ICPD)25周年を記念して11月に開催されるナイロビ・サミットに向けて「#IMarchFor キャンペーン」を世界各国で展開しています。
この度は、持続可能な開発目標(SDGs)に基づいたオープンシティ戦略や防災教育を推進している釜石市と、同じくSDGsの実現と、特に若者や女性など全ての人々の健康と権利を守る活動に取り組むUNFPAがスクラムを組んで、ラグビーワールドカップで盛り上がる釜石に集まる方々の声を、世界に向けて発信し「選択と権利」をタックルしました。

 

岩手県釜石市は、東日本大震災の被災地のなかで唯一の2019年ラグビーワールドカップ(RWC)のホストシティとなり、9月25日には「フィジー対ウルグアイ」戦が開催されました。そこで、国連人口基金 (UNFPA) は9月24~25日、釜石市と共催で、市内とワールドカップ会場となるスタジアム周辺で「#IMarchFor キャンペーン」を実施しました。奇跡の一戦を控えた釜石の街は、試合の前日から大賑わいでした。観戦に訪れた方々が、海沿いの魚河岸テラスや「いのちをつなぐ未来館」に設置したUNFPAブースに立ち寄り、SDGs 投票や #IMarchForキャンペーンに参加してくださいました。

 

#IMarchFor キャンペーンには多くの方々が参加され、中でもセサル・フェレール駐日ウルグアイ大使夫妻、釜石市の窪田副市長、釜石市の料理旅館「宝来館」女将の岩崎昭子さんにもご参加いただきました。セサル・フェレール駐日ウルグアイ大使夫妻は、防災教育についての展示も拝見され、当時15歳で津波から逃げた女性と面会し感涙されました。窪田副市長は「どんな場所で誰が住んでいても安心して平和にいられる未来」を願い、また震災当時、宝来館の2階まで津波が到達し、一度は津波にのまれてしまったものの無事生還された岩崎さんからは世界に向けて「ありがとう」のメッセージを頂きました。

 

SDGs 投票では地元の方やラグビーの観戦に来られた方々に、17のゴールの中から特に自分がコミットしたいと思うゴールを1つ選び投票していただきました。震災の経験や、国連におけるグレタ・トゥーンベリさんのスピーチの影響もあり、釜石では「ゴール13 気候変動に具体的な対策を」が一番多くの票を得る結果となりました。他にも貧困や教育、平和と公正への関心が集まりました。SDGs ラグビーボールもとても好評で、たくさんの方がボールを持って写真を撮ってくださいました。

今回は総勢150名の方が投票に参加してくださり、スポーツイベントを機にSDGsへの関心を高めていただくことができたのではないかと思います。

 

9月26日には、UNDPアジア太平洋部地域事務所のパトリック・へーバーマン氏と共に釜石市の野田武則市長を表敬訪問しました。市長は、「この小さな町がRWCの試合をホストできたのは奇跡に近い。鉄と魚とラグビーのまち釜石は、ワールドカップだけでは終わらない。引き続き防災やSDGsへの取り組みを、国連と協力し世界に発信していく」と述べられ、ラグビーワールドカップにあわせ、UNDPの防災ビデオ制作事業計画や、UNFPAの#IMarchFor キャンペーンの実施に謝意を述べられました。

 

SDGs 投票をしてくださった方々、#IMarchFor キャンペーンに参加してくださった方々、沢山の想いや願いを共有していただき本当にありがとうございました。ご協力いただいた方々のメッセージを胸に、今後もSDGsの達成に向けて世界にまだ多く残っている様々な問題をタックルしていきます!

 

 

現地での活動の様子が釜石新聞に掲載されました!