イベント

8 March 2018 - 8 March 2018

恵比寿ガーデンプレイス

Happy Woman Festa 2018 パネルディスカッションに登壇しました

3月8日の国際女性デーに合わせて開催された『国際女性デー|HAPPY WOMAN FESTA 2018』に、国連人口基金(UNFPA)も参加しました。UNFPA東京事務所長の佐藤摩利子が、「子供の未来とわたしの将来」というテーマで、NPO法人キッズドアの渡辺由美子理事長、一般社団法人キッズコンサルタント協会の野上美希代表理事とともにパネルディスカッションに登壇しました。教育や子育てにおける女性の役割などについて、現在の日本の状況を、途上国含めた諸外国と比較し、問題点とその解決方法について議論しました。

Details

12 December 2017 - 15 December 2017

東京プリンスホテル

UHCフォーラム2017

  • 12月12-15日「UHCフォーラム2017」

12月13-14日に日本政府、世界銀行、世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF)、UHC2030、国際協力機構(JICA)の共催により「UHC フォーラム 2017」が行われました。UHC(ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ)とは、全ての人が適切な予防、治療、リハビリ等の保健医療サービスを、必要な時に支払い可能な費用で受けられる状態を指し、持続可能な開発目標(SDGs)の目標3のターゲットの一つにもなっています。

Details

24 November 2017 - 27 November 2017

国連大学アネックスホール

アジアにおける企業CSR活動と高齢化セミナーを開催しました

国連人口基金(UNFPA)とCSRアジア東京事務所は共同で、民間企業を対象に「アジアにおける企業CSR活動と高齢化セミナー」を行いました。UNFPAアジア太平洋地域事務所長 ビヨン・アンダーソンが、国連人口基金と民間企業のパートナーシップの重要性について強調すると共に、これを機に高齢化をテーマに、日本企業とUNFPAの連携を期待する挨拶でセミナーが始まりました。

その後、CSRアジア・バンコク事務所、株式会社かんぽ生命保険様、花王株式会社様から高齢化への先進事例が紹介されました。

また、花王株式会社生活者研究センターが慶応義塾大学井庭研究室と共同開発した『日々の世界のつくりかた』カードを使用したグループワークを実施。参加者自らが高齢者に寄り添うために、どのようなアプローチが必要か、参加者間でディスカッションを行いました。

Details

Pages