国際機関で働くには

職員になるには

国際機関で働くには(1)

国連人口基金(UNFPA)で働くということは、国際公務員である「国連職員」となることを意味します。国連職員は、ニューヨーク(米国)の本部をはじめ、ジュネーブ(スイス)の事務局やその他の下部組織、専門機関などに勤務するほか、世界中の開発途上国の事務所などで活躍しています。そして、担当業務に対する高度な専門性と、英語やフランス語などの外国語で円滑に業務を進められる語学力が求められます。

国連人口基金で働くための具体的なカテゴリーには、(1)正規職員となる、(2)JPO(Junior Professional Officer)制度を通じて2年間の職員となる、(3)インターンシップ・プログラムに参加する、という3種類がありますが、いずれも米国・ニューヨークの国連人口基金本部が採用活動を実施しています。

(1)と(3)については、国連人口基金本部のウェブサイトの採用情報(英語のみ)、(2)については外務省国際機関人事センターのウェブサイトをご参照ください。なお、国連人口基金以外の国連組織の採用状況については、それぞれの組織・機関にご確認ください。

国連人口基金東京事務所での採用情報はこちらをご覧下さい。

Go to top

 

UNFPA職員便り

国連人口基金の各事務所で働いている日本人職員を紹介します。

谷口英里

ソマリア事務所 ジェンダーに基づく暴力担当官

 

 

 

 

大橋慶太

コンゴ民主共和国事務所 副代表

 

 

 

 

戸崎智支

本部人事部 人事分析官

 

 

 

 

上野ふよう

国連人口基金東京事務所 所長補佐

 

 

 

 

 

フィールド便り

ジュニア・プロフェショナル・オフィサー(JPO)制度や、国連ボランティアを通して国連人口基金(UNFPA)各事務所に派遣されている日本人職員を紹介します。

 ソマリア事務所 リプロダクティブ・ヘルス/ライツと栄養オフィサー

 

 

 

谷口英里

フィールド便り(12) モンゴル事務所 ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー (JPO)

 

 

 

 

市野紗登美

 

 

瀬畑陽介

フィールド便り(6)

アジア・太平洋州統轄事務所 情報ネットワークオフィサー

 

 

 

 

タイ便り

エリトリア便り

 

Go to top

飛田紫峰

フィールド便り(7)

ネパール事務所 Youth Development Officer