UNFPA職員便り

[field_resource_document]

出典の日付:

谷口英里

ソマリア事務所 ジェンダーに基づく暴力担当官

一橋大学社会学部卒業後、オックスフォード大学にて開発学修士課程を修了。その後、UNDPネパール事務所でのインターン、在京タイ王国大使館政治経済アシスタント、在ネパール女性開発研修センターのジェンダーアドバイザーを務めた後、2011年10月より3年間、UNFPAモンゴル事務所にてJPOとしてジェンダー・プログラムを担当。2014年10月より現職。

2014年10月よりUNFPAソマリア事務所にてジェンダーに基づく暴力担当官として働いている。ジェンダーに基づく暴力を削減するための法制度整備、女性に対する暴力撤廃条約の批准、女性性器切除の撲滅キャンペーン、暴力を受けた女性や子どもたちのための包括的サービス提供(医療、カウンセリング、シェルター、法的支援)、ジェンダー関連プロジェクトの企画・運営・モニタリング評価、資金調達などを主に担当。

今年の4月から日本政府の補正予算による支援を受けて、UNFPAソマリア事務所はソマリア全土で、妊産婦・乳児死亡率の削減を目指し保健システム強化のプロジェクトを実施している。妊産婦が産前・産後ケアを受けられるための恒常的な保健サービスの提供、安全な出産を促進するための助産師学校の設立と助産師の養成、遠隔地でリプロダクティブ・ヘルス・サービスを提供するためのアウトリーチ活動などを行っている。

(上)UNFPAソマリア事務所スタッフ(2015年11月25日女性に対する暴力撤廃の国際デー)
(下)日本政府の支援で設立したソマリランドにある母子保健センターのスタッフと共に

外務省が政府開発援助(ODA)に関する情報について月2回定期配信を行っているODAメールマガジン第345号(2017年3月8日発行)に、谷口さんの執筆した記事が紹介されました。