ネパール便り No.3

[field_resource_document]

出典の日付:

ダウンロード

国会議員政策秘書として配偶者暴力防止法などの立法に携わった後、国内のNGO勤務を経て、WHOの外郭団体で 女性・青少年・子どもの健康のためのアドボカシーを行なっているPartnership for Maternal, Newborn Child Health (PMNCH) の初のアジア地域コーディネーターとしてマレーシアを拠点に活動。現在は国連人口基金ネパール事務所に2017年6月から国連ボランティアとしてMonitoring & Evaluation Specialist(モニタリング評価専門家)として派遣されている斎藤文栄からのレポートです。