出版物

最新リリース

※国連人口部は1999年に世界人口が60億人に到達したと発表したが、その後の人口統計の改定により60億人に到達したのは1998年だったと改定した。 ※世界人口の詳しい最新情報については、国連人口部の発行する「世界人口推計 2017年改訂版(World Population Prospects, the 2017 Revision)」(英語)をご覧ください。 ※このグラフは世界人口の推移を大まかに理解していただくために作成したものです。1950年以前の出来事の年代は、国連人口基金の公式見解ではありません。 

まとめ

ダウンロード

国連人口基金の活動、日本の政府関係機関・政策決定者・市民社会との協力や、日本政府からの国連人口基金への支援を紹介しています。

 

まとめ

ダウンロード

Renewing commitments to the health and rights of women and young people 

まとめ

ダウンロード

国連人口基金の活動、日本の政府関係機関・政策決定者・市民社会との協力や、日本政府からの国連人口基金への支援を紹介しています。

まとめ

ダウンロード

State of the World Popluation (2014) The Power of 1.8 Billion: Adolescents, youth and the transformation of the future
現在、地球上で1億人以上の人々が人道的援助を必要としています。これは第2次世界大戦以降、最大の数値です。
紛争により避難を余儀なくされたり、自然災害のために住まいを失った人々の中には、何百万人もの女性や思春期の少女がいます。
本書では、彼女たちのニーズに応え、彼女たちの権利を保障するための行動を呼びかけています。

まとめ

ダウンロード

妊産婦と新生児の健康にとって、助産師は陰の英雄と言えます。助産師は妊産婦と新生児死亡の約3分の2を防ぐことができます。また、その役割は出産の立ち会いをはるかに超えて、家族計画から産後期まで、女性や少女の健康に関するケアを通じてコミュニティーにおける仲介役とも言えます。 このヘルスケアの専門家である助産師の重要な役割に対し光を当てるべく、国連人口基金(UNFPA)はパートナーとともに、「世界助産白書2014」を作成しました。この白書は、低・中所得国において助産師が大幅に不足している現状や、第1号白書が発表された2011年以降の経過について明らかにしています。 妊産婦死亡の96%、新生児死亡の93%を占める73カ国の詳細について、詳細を解説しています。レポート原文はこちら

まとめ

ダウンロード

This annual report  summarizes the 2013 programmes, objectives and initiatives achieved, both globally and regionally, in 2013.  

まとめ

ダウンロード

This annual report describes the results and good practices in countries of the UNFPA flagship thematic fund to achieve reproductive health commodity security.
 

まとめ

ダウンロード

世界人口白書2013 (SWOP 2013)

State of the World Population (2013)- Motherhood in Childhood Facing the challenge of adolescent pregnancy
開発途上国では、毎年730万人もの18歳未満の少女が出産しており、10件中9件は結婚かそれに準じる関係のなかで起こっています。そのうち、年に7万人が妊娠や出産に関連することが原因で命を落としているのです。本書は、思春期の少女の健康、教育、生産性に対する大きな損失を避けるには、妊娠の予防を含むリプロダクティブ・ヘルス/ライツを尊重し、若者と少女を保護するための投資や自発的な家族計画の必要性を訴えています。

まとめ

ダウンロード

The Maternal Health Thematic Fund

The Maternal Health Thematic Fund

まとめ

ダウンロード

Pages