ニュース

ニュース

12 August 2016
2016年のテーマ 「2030への道:貧困を撲滅し、持続可能な生産・消費活動を可能にする」 8月12日は「国際青少年デー」です。現在、15歳から24歳までの若者は18億人にのぼり、世界人口の約4分の1を占めています。「国際青少年デー」は、若者が持つ潜在能力について確認するとともに、世界中の青少年が直面している多くの問題を考える日です。2016年のテーマは「2030年への道:貧困を撲滅し、... さらに詳しく
25 July 2016
ニュース
所長の佐崎が、琉球大学のキャリアデザインフォーラムにおいて、「国連機関で女性が働くということ:開発途上国の現場や本部での経験から」と題した講義を行いました。佐崎は、世界120カ国以上を担当してきた自身のキャリア、世界の人口問題、ジェンダーの平等などを紹介した後、国際機関で働くために求められる能力や資格について説明しました。学生からは講義の内外で熱心な質問が寄せられ、活発な意見交換が行われました。
11 July 2016
ニュース
2016年7月11日 一部の女性にとって、10代とは探求し、学び、自主性を培う時期です。しかし、多くの女性にとっては、ますます脆弱になり、権利や機会を剥奪され、差別に苦しむ時期ともなります。 10代の女性が自分で将来を決めるための力、手段、情報を得ることができれば、健康で豊かな未来を阻む障壁を乗り越えることができるでしょう。これが実現すれば、彼女たちだけではなく、家族、... さらに詳しく
5 July 2016
ニュース
所長の佐崎が法政大学の国際機構論の授業において、「UNFPA Delivering for Women and Young People – Population Issues and Sustainable Development Goals」と題した講義を英語で行いました。 この講義で佐崎は、「人口と開発」や「持続可能な開発目標(SDGs)」「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」「... さらに詳しく
17 June 2016
A class for youth with hearing disabilities in Burkina Faso. UNFPA has provided training on sexual and reproductive health to this and other schools in the country. ©UNFPA/Théodore Somda UNITED... さらに詳しく
16 June 2016
ニュース
ガンビアにおいて第6回アフリカ開発会議 (TICAD VI) 閣僚級準備会合(Ministerial Preparatory Meeting) が開催されました。国連人口基金からは、東京事務所長の佐崎を始め、国連人口基金の一団が本部(ニューヨーク)、アフリカ地域事務所(セネガル・ヨハネスブルク・カイロ)やケニア事務所から参加しました。この会合では、... さらに詳しく
10 June 2016
ニュース
所長の佐崎が東京大学大学院の国際地域保健学教室において、「Equity in Community and Global Health – Gender and Health」と題した講義を英語で行いました。 この講義で佐崎は、「人口と開発」と「持続可能な開発目標(SDGs)」「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ」「ジェンダーの課題」について説明した後、... さらに詳しく
27 May 2016
ニュース
所長の佐崎が長崎大學医学部熱帯医学研究所にて、「人口開発の課題及び保健政策」をテーマに講演を行いました。世界人口の現状と今後の見通しに加え、持続可能な開発目標 (SDGs)、性と生殖に関する健康、妊産婦死亡や児童婚、ジェンダーの課題等についてお話しをしました。また、それらの課題に取り組む国連人口基金の活動も紹介しました。質疑応答の時間では、活発な意見交換が行われました。
5 May 2016
声明文
国連人口基金事務局長ババトゥンデ・オショティメインからのメッセージ Midwives: health heroes for women, adolescent girls and newborns On this International Day of the Midwife, UNFPA, the United Nations Population Fund, salutes the... さらに詳しく
21 2016
ニュース
所長の佐崎が早稲田大学にて「世界の人口課題と国連の役割」と題した講義を行いました。世界人口の現状と今後の見通しをはじめ、リプロダクティブ・ヘルスや持続可能な開発目標(SDGs)などについて約300人の学生にお話をしました。また、児童婚やアフリカや南アジアの少女と女性の現状を説明し、それらの課題に対するカンボジアのリプロダクティブ・ヘルスに関するプログラムや、... さらに詳しく

Pages