ニュース

ニュース

7 February 2017
ヘルスシステムを強化するソマリア   ナイロビ、2017年2月7日―日本政府は、UNFPAソマリア事務所が実施するソマリアの帰還民や貧困地域でのヘルスシステム強化事業に対し、106万7千米ドルの支援を行うことを1月31日付で発表した。この事業は、妊産婦と新生児死亡の削減を促進させることに焦点が当てられている。 UNFPAソマリア事務所代表のニコライ・ボテフは、... さらに詳しく
6 February 2017
声明文
「国際女性器切除(FGM)根絶の日」に寄せて  より早急なFGM根絶を訴える   2月6日、「国際女性性器切除(FGM)根絶の日」に際して、ユニセフ事務局長アンソニー・レークと国連人口基金事務局長ババトゥンデ・オショティメインは以下の共同声明を発表しました。 FGMは、少女の体に修復不可能な損傷を与え、耐え難い痛みを与えます。そして、深刻な精神的なトラウマを負うことにもなり、... さらに詳しく
1 January 2017
声明文
国連人口基金 東京事務所長 佐崎淳子からのメッセージ 2017年の皆様のご多幸とご活躍をお祈り申し上げます 2016年はお世話になりまして、ありがとうございました。 2017年の「新年の抱負」は決められましたか? 新年にあたって、2017年の世界とあなた自身がよりよい方向へ変化していけるような10のインスピレーションを、 世界中の人々が教えてくれました。... さらに詳しく
25 November 2016
声明文
女性に対する暴力や有害な慣習を断ち切るより一層の努力が必要 国連人口基金事務局長 ババトゥンデ・オショティメインからのメッセージ この2016年においても、未だに世界の3人に1人の女性は何かしらの身体的又は性的な暴力を経験しており、それらの殆どは彼女たちの知人によるものです。さらに、何百万人もの女性や少女が、様々な形態の暴力や有害な慣習に晒されています。例えば、... さらに詳しく
9 November 2016
公益財団法人日本ユニセフ協会主催の「国際協力講座」に所長の佐崎が講師として招かれ、「世界の人口問題-リプロダクティブ・ヘルス/ライツの推進」と題した講義を行いました。講義では、世界の人口問題の解説から始まり、それらを解決する点で国連人口基金が具体的に重点を置いて活動をしている、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、持続可能な開発目標(SDGs)、妊産婦死亡及びセクシュアル・リプロダクティブ・... さらに詳しく
21 10月 2016
ニュース
「UNFPA キャリア・セミナー」を、大阪大学吹田キャンパスにて開催します。 国連人口基金(UNFPA)本部から人事部長マイケル・エメリーと、国連人口基金東京事務所・所長、佐崎淳子が、採用の仕組みや国際機関の仕事の内容について、具体的に説明します。国際機関で活躍したいと思っている方、国際貢献に関心のある方、この機会に是非ご参加ください。 ・日時:2016年10月21日(金)13:30-15:... さらに詳しく
20 10月 2016
プレスリリース
10歳の少女に投資することは、莫大な人口ボーナスをもたらし、国の経済を数十億米ドルにまで押し上げることができる。 ・少女は少年よりも学校に最後まで行けず、強制結婚、児童労働、女性性器切除、その他の身体を傷つけるような慣習の被害に直面している。 ・世界に6500万人いる10歳の少女の過半数は、ジェンダーの不平等な48カ国で暮らしている。 ・10歳の少女全てが中等教育まで終えることができた場合、... さらに詳しく
17 10月 2016
各国連機関の人事責任者等が、採用制度を説明する合同就職説明会が開催されます。 各回の詳細は以下の通りです。国際機関で活躍したいと思っている方、国際貢献に関心のある方は、ご参加ください。 10月17日(月) 13:30-16:00 早稲田大学 国際会議場 井深大記念ホール(18号館) 18:30 -21:00 国連大学 ウ・タントホール 10月18日(火) 12:20-17:10 東京大学・... さらに詳しく
6 10月 2016
ニュース
所長の佐崎が京都大学大学院総合生存学館(思修館)にて、「国際協力セミナー」と題した講義を行いました。グローバル社会が抱える課題解決に向けたアプローチに関して、児童婚や、アフリカ・南アジアの少女と女性の現状を具体例としながら、国連人口基金の取り組みについて説明しました。講義の後には、学生や学館関係者との意見交換会が開かれ、学生と積極的な意見交換が行われました。
1 10月 2016
声明文
国連人口基金事務局長 ババトゥンデ・オショティメインからのメッセージ 人口の高齢化は、21世紀におけるもっとも重要な変化のひとつであり、祝福を生み出した要因でもあり、それによる課題の両方を象徴しています。高齢化を通して誰もが健康で幸福に生きることを保障するためには、更なる努力が必要とされており、この努力は高齢者の生活環境を改善し、不平等を最大限減らすことにつながります。... さらに詳しく

Pages